子どもといると楽しいね。「“う”の幸せ」

週末の昼ごはん。
焼きそばを作りました。

キャベツが高くて買えないので、
豚肉・人参・もやし入りの焼きそば。

完食した次男が、
「かあか、見て!“うができた!!」。

「何のこっちゃ!?」と
皿洗いの手を止めて見に行くと…

もやしで「う」が作られていました(笑)。

あー。。。

楽しいなー♪
かわいいなー♪
幸せだなー♪

息子の、こんな小さな、たったこれだけの出来事なのに、
心から幸せを感じました。

些細な日常で喜べるようになった私は、
「あー、私は『お母さん』なんだ・・・」と実感。

(お母さん記者/近藤美和子

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/読書/旅/食後のコーヒー。息子1人(24歳)。