母へ「立派にお母さんにしてくれてありがとう」

母から届いたLINE。

絵里ちゃんが保育園行っていた時か、2年生だったかなぁ。
扁桃炎で39度の高熱があるのに1人置いて仕事に行った。

あの時のことが忘れられん。
心配だった。

仕事は何とかなったかもしれんのに、ごめんな!
っていまでも思い出す。

こんなに立派にお母さんになってくれてありがとう!」

病気がちだった私の看病のために
母は有給を使い切ってしまい、
泣く泣く私を置いて仕事に行ったらしい。

それがどんなに苦しい決断だったのか。
母になった今、痛いほどわかる。

お礼を言うのは私の方だね。

「立派にお母さんにしてくれてありがとう!」

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/読書/旅/食後のコーヒー。息子1人(24歳)。