お母さん記者が「こどもの日」に思ったこと

5月5日は「こどもの日」、でしたね。

子どもが主役だから、
子どもの好きなごちそうをつくったり、食べに行ったり、
子どもの欲しいものを買ってあげたり…
家族で思い出に残る一日を、とお母さんもがんばりました。

お母さん記者たちが発信する「こどもの日」には
ほっこり、にんまりする記事がありました。

こどもの日って…

「5月の5だから、ごーごー、で
子どもたちが皆でゴーゴーっ!!!って
言ったからじゃない??」………

 

くねくね道はなんでできたのか

「くねくね道は、
子どもたちが喜ぶかなーって思ってできたんだろうね」………

 

子どものための行事をすることで母を感じる

「子どものための行事って、
子どもの幸せを願ったり、感謝したりすることだけど、
結局一番幸せなんは母だろう」………

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/読書/旅/食後のコーヒー。息子1人(24歳)。