六男二女の母が綴る運動会日記「母さんはずっと応援団長」

「黄色ブロックに
応援団長に大きな拍手!」

夜中寝言でも応援団長。

じいちゃんちでも練習。
鶏小屋の鶏も手伝わねばと思ったのか
返答してコケコー コケコー。

たくさんたくさん団長に選ばれてからも
泣いたり傷ついたり。
でも最高学年として(事情で6年生は中学校舎の地区、運動会は5年生まで)

朝イチの応援合戦も
一番になれないかけっこも

小さい学年のお世話も
リーダーとして動く姿も

「甘えん坊のあの子が⁉」と
思うほど全力疾走。

三男と見て、がんばる姿に泣けてしまいました。

兄は「俺の運動会の時より泣ける。
五年やのになあ。すごいな」と。

母ができない親子競技も出てくれました。

応援合戦はたくさんがんばり、
みんなとようやくひとつに。

最後は応援の最優秀賞をいただきました。

でも黄色ブロックは9点差で2位。
ブロック優勝は逃してしまいました。

ぐっとぐっと閉会式で、
涙をこらえ、しゃくりあがる悲しみをこらえる姿に

すごいなあ!
そんなに真剣にがんばったんだとまたうれしくなりました。

少し前はすぐ私に抱きついて泣いていたのに、
学校広報のインタビューが終わり、
フリーになるまで目も合わさず、

ようやくすべて自由になると
ぎゅっと抱きついてきました。

私も涙が出ましたが、

「かっこよかったなあ!すごいな!
まじすごかった!なみだでたよ」 とほめると

「お母さん、ごめん優勝できなかった。
にいちゃんみたいな団長になれなかった」と。

そんなことも考えてたんだねえ。

「そんなことない。
結果は大事。
だけどこの過程も涙も
すごく糧になる、とにかくすごいぞ!きみは最高だ!」と

周りの皆さんももらい泣きしてくださいました。

今はまだわからんやろけど。
この子のおおーきなバネになる。

ナンバーワン団長!と
抱きしめました。

にいちゃんも私の代わりにボール運びがんばり、
弁当づくりもありがとう。

最後の最後
カメラに撮らず見つめた表現も応援合戦も
いつか私も忘れてしまうかもしれないから
残しておこう。

すげー幸せな運動会でした。
母さんはあなたの母さんであることが

自慢です。

2年生の娘もニコニコ踊っていました。

まさかのリレー補欠選出も、
補欠のままですみ、うれしそうでした。
(基本私と同じく走るのは苦手笑)

運動会お疲れ様でした。
子どもたちも
みんなヒーローでした。

お弁当づくりのお手伝いお疲れ様でした。

場所取りありがとう。

最後まで読んでくださった皆様、ありがとう。
相変わらず、長文ですみません。

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。