お母さんも、気づいたら「軌道修正」すればいい

最近「ちょっと待って」と娘に言うことが増えていた。
放っておいたら一人で遊べることも増えていたのもあった。

待ってもらう理由は、
ご飯一気に作っちゃいたい、お皿片づけたい、出かける準備したい、メールがきた、
など理由はほんのちょっとしたこと。

娘のそばへ行くと、
エンドレスなおままごとやお絵かきなど、めんどくさいなと思ってしまうこともある。

昨日保育園の一時預かりに行きたくないと少し泣いた。
そう言えば、少し前の一時預かりでも
久しぶりに「おかあさんがいい」と泣いたらしい。

こりゃ、なんかまずいかも。

子どもの「一緒に遊ぼう!」は
「一緒にいてほしい」が大部分を占めてると読んだことを思い出した。

確かに疲れているときは
ただ横でぼけっとしてるだけでも娘は文句言ってこないかも。

100%は無理だけど、
娘が遊ぼうと呼んでくれたらもう少し応えたほうがいいなと思い直した。

一緒にいられる時間は限られてるし(今は実感としてわかってないけど)。

気づいたら軌道修正すればいいはず。

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/読書/旅/食後のコーヒー。息子1人(24歳)。