憧れの人に会う!の巻き

「お母さん大学」のサイト内には、毎日わが子とのやりとりやお母さんの気持ちが詰まった日記が更新されています。
私もたまに書いてみたりコメントしてみたり
そんな時よくコメントをしてくださる方がいます。

その方は、お母さん大学生の誰もが知っていると言っても過言ではないくらい
何か困ったことや悩み事などを相談すると自分にあったアドバイスがいただけます。
サイト内でいつもお世話になっている憧れの方が福岡にいらしていて
先月筑前町であった、このお母さん業界新聞を折りながらの折り込みおしゃべり会で初めてお会いすることができました。

「キャー!!」と会ってすぐにツーショット撮影をお願いする私(笑)
大スター?!いえいえ、私の中では神的存在!!
お母さん大学生内で名前を出せば誰もが知っている方ですからね。
私の名を出したところで知ってくださっている方は5人くらい??
5人もいてくれたらありがたいです。
今回私は、日中2人っきりで過ごしている2歳の息子との関わり方について悩みを聞いていただいたので
そのことをお話したいと思います。
今日も手に取って読んでくださってありがとうございます。

連日イヤイヤ、物を投げたり何度言っても同じことを繰り返す息子に
ぶちギレそうになってトイレに逃げこもった私(苦笑)
そんな大人げない行動をしてしまった私に
「それでいいのよ~」と優しい言葉をかけていただき
「トイレにこもったことよりも、トイレにこもった後が大事」だと。
息子がトイレのドアの前に来て私がトイレから出て来る時に・・・

「ばぁ~!!!」と出ておいでと(笑)(笑)

子どもは大人と一緒(特にお母さんと一緒)の時は遊びをしているから
お母さんの反応を待っている。
また、お母さんがどんな反応をしてくれるか楽しみだがら同じことを繰り返すと。
だから日々遊ぶことを考えて楽しんでほしい。
まだ叱るには早いよ、怒らないといけないのは命が危険な時だけ。
このちいさい頃にどれだけ親と遊んだかが大事で
後の親子関係の土台となり話を聞いてくれる子になる。
今からでも遅くはないし、遅いも早いもない。
気付いた「今」が大事だとアドバイスをいただきました。

息子は2歳でも自分の意思があると思うような行動をすることがあるので
早く教えていかなければと焦っていましたが
目から鱗な沢山のお話を聞いて、イライラして怒って後悔するより
うじうじぐだぐだと考えるとよりも
とりあえずシンプルに2歳の息子と遊ぼう!と思えたのです。

その日帰ってからの出来事。
早速息子と遊ぼうと思い、買い置きしてあるティッシュやトイレットペーパーを引っ張りだし、ごっこ遊びをし
夕方からある教育テレビを見せている時
いつもは夕飯の支度をしているため、息子の様子をチラチラと見ているだけですが
ダンスのコーナーになった時に私も一緒になって踊ると息子は大喜びで!
親子一緒になってはしゃいでしまいました。

息子の笑顔がいっぱい見れたなぁ…
ママもとびきりの笑顔だったかしら?

これから息子といっぱい遊んで過ごして行こう!
そう考えると不思議なもので、「子育て」「育児」という言葉を聞いてもきつくならないのです。
『遊ぶ』という言葉は私の中で魔法の合言葉のよう。

子どもと家で過ごすことに思い悩んでいるお母さん達
一緒に過ごすのではなく一緒に遊んでみませんか?
そう考えると、ちょっと心が晴れません ´ᴗ`
たくさん遊んだ子ども達が遊び疲れて今日はたっぷりと(できれば夜は一度も起きずに)眠ってくれますように。

池田 美智子さん、お会いできて本当に嬉しかったです。
子育て中だけでなく、生きていく上での沢山の素敵なヒントをありがとうございました。
正解はこれから息子との遊びの中で見つけていきます♡

月刊 お母さん業界新聞 筑前町 まろやか版

いとう ゆうこ

8 件のコメント

  • ゆうこさん
    いい記事に仕上げてくれましたね!ありがとう~。
    私はもうあの時何を相談されて何を話したのかは忘れてしまう年ごろになったことを自覚しました。(笑)
    書いていただいたことで蘇ります。
    そう、そう、ママが育児という枠の中で窮屈になっているんじゃないかと感じました。
    心が開放されていると楽しさをキャッチしますが、窮屈な心にはモヤモヤイライラが出てきて
    相乗しあいながらの親子の育ち合いとなるんですよね。
    そこでそんなことを感じたから、私の知識と経験から出てきたのが素直なママの心に入ったかなと思いました。

    遊ぶという言葉をキーワードに捉えてくださったのも受け入れ上手です。
    私は人間の土台作りは、一番身近な親との遊びから始まりその遊びが楽しいからこそやる気の元を
    そこに作っていくのだと思っています。そのあとに友達遊びへと発展していくのですから。
    しかしながら人間は時に病気したりして、遊べなくなることもあります。
    遊ぶためには回復を待ち、健康のありがたさに気づき再び遊ぶことの楽しさを味わいながら生きる喜びの
    根源を作っていくことの必要性を、私は振り返ってみて特に思うようになりました。
    楽しさ、やる気の素が幼児期に作られていれば、その後に仲間との遊びで協調することや我慢することなどを
    子ども自身が感じていくのではないかと思っています。

    災害にやられ続けの日々の中にあって、私のテンションは落ちていました。
    そんな時にこの記事を書いていただき、私も再び元気をもらいましたよ。
    また次のチャンスを待って過ごしていきましょう。

    • みっこさん、返事が遅れてすみません。
      いつも読んでいただいて、コメントありがとうございます。

      そんなことないですよ!
      あの日は皆さんが揃いも揃ってみっこさんに質問していましたからね。

      余裕がないと本当にモヤモヤしてしまいます。
      最近のチャンスは五分五分で引き分けと言う感じなので、まだまだ修業の積み重ねですね(^^;
      みっこさんが仰られていた自分の中にある呪縛を解くこと…本当にやわではないです。

      お互いに健康だからこそ遊ぶことができるということ。
      今健康でいることに感謝して、忘れないようにしないと。

      心の奥まで響くようなメッセージ、ありがとうございます。
      また学ぶことができてとっても嬉しいです♪

  • 初めまして!
    お名前は何てお読みするのかなー、と思いながら
    記事を拝見していました!

    みっこさんにお世話になっていますが、
    お顔を見たことがなく…
    『おぉっ!この方がみっこさん!』
    と夜中に興奮してしまいました(^_^;)

    素敵な時間を過ごせたようですね!
    これからも共に“お母さん道”を進みましょうね。
    また記事を拝見できるのを楽しみにしています(о´∀`о)

    • ぴぃさん

      初めまして(^^)
      コメントありがとうございます。

      なかなか読めないですよね~
      名前だけ見て、よく男の子と間違われていました(;;)
      ぴぃさんのお名前は何と読むのでしょうか?!

      みっこさんはお綺麗で可愛らしくて、親しみやすさもあって…心も美しい方でした!

      私はぴぃさんと息子くんの大ファンなのです❤
      「お母さん専用感知器」逸品です!オチも最高~ヽ(〃∇〃)ノ

      私の方こそ息子くんとのエピソード、楽しみにしています♪

      • あら、いけない!
        自分の名前を棚にあげていました(汗)
        “よしい”と読みます。
        よろしくお願いします!
        “維”が“雄”に間違えられ、エツオくんとか、
        よくありました(笑)

        私の記事を読んでくださっていたなんて!
        嬉しいです。

        これからもよろしくお願いします(о´∀`о)

  • みっこさ~ん!
    そして私は、伊藤さんのお名前を見たらお顔が浮かびますよ~!\(^-^)/
    かわいい水着姿もかわいいあんよも浮かびます(*^^*)

    素敵な1日になりましたね!
    お母さんだからこそ、日本中で繋がれるこの出会い。
    これからも大切にしたいですね!

  • こんなに長い文章を読んでくださってありがとうございます。
    私のことも息子のことまでも!嬉しい~(*´∇`*)
    私も娘ちゃんとの素敵なツーショットが浮かびますよ。
    いつも投稿されているとびきりの笑顔も❤

    体調は大丈夫でしょうか…??
    新鮮なお野菜のとっても美味しそうな夕飯の画像を見て元気をもらいました(^.^)

    こうやって吉村さんとお話できている繋がりにも感謝です♪

  • 何名か他の方も書いていましたが、みっこさんが福岡に見えられたという記事を見て、羨ましくなりました(^ω^)
    私も自分の書いた記事にみっこさんからコメントを頂いたことがよくあったので、この記事で初めてお顔を拝見出来て嬉しかったです。
    私は伊藤さんのお名前を聞いて、落書きしたあんよやおままごとをしてる息子くんの姿がすぐ浮かびますよ〜^_^

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    伊藤祐冴

    福岡県朝倉郡筑前町に住んでいる、2歳になる息子のお母さんです。 家で過ごすことが好きな “おこもり母さん” ですが、外に出ると息子が喜ぶため息子の笑顔見たさに日々奔走中。 ただ、ひとりの時間も大事だと思っています。 現在子育て中のお母さんのリフレッシュ方法を模索中。 こどもがいてもシンプル・ミニマムに暮らすことを目標にしていますが 丁寧な暮らしとは程遠く…毎日あわただしくも充実した暮らし?をしています。 お母さん大学でたくさんのお母さんと出会い、学び、楽しむことができたら嬉しいです。 よろしくお願いします。