「みそでま~るく育もう」ミソはスゴイ、お母さんはスゴイ!

1月24日は久留米市にある善導寺小学校の教養講座に呼んでいただき、話をしてきました。

テーマは食育だったので、演題は「みそでま~るく育もう」

第1部は4年生〜6年生の子どもたちと保護者、先生方も一緒に「味噌はスゴイ」の話しを。

第2部は保護者の皆様向けに「お母さんはスゴイ」と「お手伝いってスゴイ」の
話をしてきました。

これまでワークショップを交えて子どもたちに
ミソマザーとして「みそまる」を伝えることはあっても、
話しだけというのはしたことがなかったので、かなりのドキドキ。

この日、講演会は午後からだったので、
午前中、学校を休んでいた小3息子に付き合ってもらい、最後の練習をしました。

「ここは子どもたちにはわかりにくい」
「先にコレは言ったほうがいいよ」

息子の子ども目線でのアドバイスが的確なことにビックリ!!

そのおかげで、クイズにもたくさんの子どもたちが手をあげ答えてくれたり、
終わった後、何人もの子どもたちが話しかけにきてくれました。

ほんとに息子に感謝。

経験ができたこと、機会をいただけたこと、伝えることができたことにも、
ほんとに感謝感謝でした。

子どもの頃、私は人前で話すのがとっても苦手でした。
先生にいいことで前に呼ばれて、紹介をされた時にも涙が出ていたことを今でも覚えています。

でも、今こうやって人前で話すことが仕事にもなっています。
それは伝えたいことがあるから。やりたいことがあるから。

だから、子どもたちにも好きなことを見つけてほしい。
大好きなことが見つかったら、今、苦手だな~と思っていることも、
気にならなくなってくる。乗り越えるキッカケになる。

そんなことを思いながら、家路につきました。

お土産に子どもたちが作ったお米までいただき、
教養委員の皆さんとみそまるポーズで記念撮影。
教養委員のお母様方、先生、本当にありがとうございました。

もっと、いろんなところで「お母さんはスゴイ!味噌はスゴイ!」を話したいなー♪

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。10歳、7歳、4歳のお母さん。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪