佐賀県基山町にもお母さん業界新聞

昨日は久留米市から車で約30分、福岡市や佐賀市のベッドタウンでもあり、
今、新しい取り組みをしている注目の町、佐賀県基山町の松田一也町長に
基山の町を案内していただきました。

「基山町多世代交流センター憩いの家」では
これまで高齢者だけの施設だったところを子どもたちの遊び場を作ることで
親子の憩いの場、多世代の混ざり合いの場に。

子どもたちをおじいちゃんおばあちゃんが見守っている間に
お母さんはカラオケでスッキリ!なんてこともあるそうです!

居心地の良さから、基山町以外の親子もたくさん来られているそう。

また今月から基山町のこども課や包括支援センターなどを含め、
町中の様々な場所に置いていただけることになりました。

たくさんのお母さんたちに届きますように♪

最初の画像は松田町長と基山町のこども課や
子育て交流広場の子育てコンシェルジュの皆さんと♪

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。10歳、7歳、4歳のお母さん。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪