お母さん業界新聞高知版からの大切なお知らせ

高知版編集部から大切なお知らせがあります。

約4年半、皆様に応援していただきました「お母さん業界新聞高知版」を
9月号をもって終了することとなりました。
読者の皆様、応援してくださった皆様には、終了することとなり、
たいへん申し訳なく思っております。

私の個人的なことではありますが、
4月から山の暮らし(お母さん大学サイト記事やお母さん業界新聞全国版8月号2ページ記事に山暮らしのことを書かせていただいております。)を始めました。
このことは、去年から決まっており、
お母さん業界新聞全国版の編集部や高知版編集部の皆さんには、
山の暮らしを始めると、今までのような活動ができなくなるだろうことを
ご相談していました。
そんな中、夏の終わる9月号で終了することを決めたことでした。

長い間読んでくださり応援してくださった皆様には、感謝の気持ちで一杯です。

お母さん大学の特別講義であるエリア版を
藤本さんをはじめとするたくさんの協力者の方々や
応援してくださった読者の皆様のおかげで
4年半続けさせていただき、
高知版のスタッフは皆いろいろな経験や学びをいただき
出会いをとおして新しい夢も広がっております。

新聞という形ではなくなりますが、
これからも、今までお母さん大学で学んだことを活かし
「地域のお母さんたちをつなげ、社会にある課題を解決したいとの思い」を持って
生きていこうと思っています。

また、高知版を通して繋がったご縁を今後も
大切にしていきたいと思っております。

できれば、皆さまお一人お一人にお会いし、
お詫びとお礼のご挨拶をさせていただきたいところですが、
ウェブサイトにてのご挨拶とさせていただきますことご容赦ください。

残すところあと1号となりましたが、お母さんの笑顔につながるよう心を込めて発刊しますので、
最後までどうぞよろしくお願いいたします。

それから、
9月12日から9月17日
カフェ・ギャラリー「グランマ」にて
「お母さん業界新聞高知版」の表紙写真撮影をしてきたママさんカメラマン
藤田享美さんのお母さんの笑顔いっぱいの写真展を開催することとなりました。
お時間のあるかたは、お立ち寄りください。

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

お母さん業界新聞高知版の元編集長です。別名「妖怪たかぎ」です(笑) 大学生と社会人になった子どもがいます。 主人とのお山の暮らし1年目を試行錯誤中。 よろしくお願いいたします。