母からの下請け

仕事で帰りが遅くなる日のごはん炊きを、小4の息子に頼もうと思ったのは、夏休みのこと。

朝から暑い部屋に置かれた炊飯器に、タイマーをセットしておくと水温が心配だな…と思ったことが、下請けに出す発端だった。

普段からお小遣いを渡していないので、1回10円で、PTA主催の「お楽しみ祭り」の軍資金にしたら?と相談すると、喜んで取り組んでくれた。

いよいよお楽しみ祭りの日、カレンダーにつけた判子を数えると、下請けに出した日は66回。

660円、自分で稼いだお金でお楽しみ祭り、楽しんできた。
さて次は、どんなニンジンをぶら下げて、下請けに出すことにしようかな?

渡邊智子/東京都

(お母さん業界新聞201801/MJコーナー)