会議なう

今、会議中である。

お母さんが共感する場としてのお母さん大学・お母さん業界新聞をどうするのかを考え中

世の中便利になったねえ。会わなくてもお話しできるしいろいろと共有できるもんね。

ABOUTこの記事をかいた人

横山貴江

大阪府堺市在住 息子21歳×1 スタッド緑ヶ丘中町・浜寺サンタウン教室勤務 お母さん業界新聞南大阪版を発行しています