第1回 お母さん大学こどもぼん関西絵本大賞ノミネート30作品⑥

㉖むねがちくちく

童心社 作:長谷川集平 1400円+税 ISBN 9784494007745
待ち合わせの場所をかんちがいして、リリちゃんとけんか。「ちゃんといってくれなかったじゃん」わたしは涙がとまりません。でもたかおじさんが「そのこにあやまればいいよ。でんわやメールじゃなくて、あって、めをみて、はなすべきだね」と教えてくれました。泣いて、笑って、きっともっと仲よくなれる。子どもの心によりそう1冊です。 #こどものきもち #ともだち

㉗もうぬげない

ブロンズ新社 作:ヨシタケシンスケ 980円+税 ISBN 9784893096098
ふくがひっかかってぬげなくなって、もう どれくらいたったのかしら。このままずっとぬげなかったらどうしよう。このままおとなになるのかな。ぬがないまま、工夫しながら生きる? ぬげない仲間をみつけて、たのしく生きる? あれこれ考えるうち、だんだんおなかがさむくなってきて……。 #こども #わらえる #くうそう

㉘ゆき

ほるぷ出版 作:きくちちき 1500円+税 ISBN 9784593560998
るぷ出版 9784596560998しろくて、きれいで、つめたい ゆき。ふわふわの わたがしみたい――。生き物にとって、ときに命をはぐくむ助けとなり、ときに命をうばう雪。北海道出身の作家が叙情ゆたかに描く、これまでにない雪の絵本です。

㉙ライフタイム いきものたちの演技

ポプラ社 文:ローラM/ジェーファー 絵:クリストファー・サイラス・ニール 訳:福岡伸一 1500円税 ISBN 9784591145401
一生の間に、キツツキが木にあける穴の数は30。イルカがつかう歯の数は100。キリンのアミメ模様は200。そして、タツノオトシゴが育てる子どもの数は1000--。いきものの一生にかくされた数の不思議を、生物学者・福岡伸一による翻訳と美しいイラストで見せる科学絵本。

㉚リンドバーグ 空飛ぶネズミの大冒険

ブロンズ新社 作:トーベン・クールマン 訳:金原瑞人/訳 2200円+税
ドイツ・ハンブルク。知りたがりやの小ネズミは、人間の本が大好き。本から学んだ知識をたよりに、設計からデザイン、材料調達までをひとりでこなし、飛行機を作ります。天敵のネコやフクロウに狙われたり、数々の失敗をくりかえしながら、海をこえてついにアメリカ・ニューヨークへと向かい……。 #ぼうけん #しょうらいのゆめ #ひこうき

お母さん大学こどもぼん関西絵本大賞とは

ノミネート30作品①

ノミネート30作品②

ノミネート30作品③

ノミネート30作品④

ノミネート30作品⑤

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪