7年前の企画

2010年の乾杯、お母さん大学の文化祭(in横浜)で

大阪チームが展開した児童書プロジェクト。

★お母さんが笑顔になる!
百万母力プロジェクト・お母さんのための絵本★

子育てや仕事で疲れたり、落ち込んだりしたときに
子どもの本棚からそ~っと一冊取り出して眺めてみる。
癒され、ときには涙がポロリと流れる。私たちのさびつきそうな心に沁みるもの。
そしてお母さんは元気になる。
お母さんや大人たちこそ、絵本を楽しみましょう。
私たちはさまざまな環境でがんばるお母さんたちに絵本にまつわるエピソードをお聞きします。
思い出いっぱいの絵本、次の世代に残したい絵本を教えてください。
目標100冊!いつか「お母さん大学・百万母力推薦絵本」で一日図書館ができますように。
老若男女問わず、アンケートを募集します。

200名ほどのアンケートを集め、児童書出版社さんへ献本の依頼、結果47冊をいただいた。

大阪メンバーが中心だったけれど、その時九州にいた

今は兵庫の岡本さんも出版社への連絡などおおいに助けてくれた。

画像はその時のパネル。

献本していただいた絵本たちとともに、くるみ庵にある。

この時の思いがまたふつふつとよみがえってきた。

大阪版児童書プロジェクト、今度は児童書に関わる方々と一緒に

いくつものアイデアを足して実現させる。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。24歳社会人長男・21歳大学生長女の母。ただいま大阪エリア版の創刊準備中!食と児童書を二大柱に、子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪