お母さんも絵本の世界へ

 大きくなった、あなたに・・・

絵本は読んでもらうもの、

そして子どものためだけのものではない、

と私たちは思うのです。

あわただしい日常も大切。

でもこの時間だけはゆっくりと、

大きな子どもでお過ごしくださいな。

こんなステキなお誘いに

50を過ぎたおばちゃんがそわそわと参加する。

今回は「星と月がテーマの絵本」

わざわざつくられた「大人のための絵本」ではなく

ふつーに児童書コーナーにある絵本たち。

絶版になったもの、

はじめに出版された会社がなくなり

違う出版社から違う翻訳者によってつくりなおされたもの、

歴史とともにお話いただき

絵や言葉の不思議に浸っていく。

あぁ、心地いい。

 

★画像は「星と月がテーマの絵本」にちなんで星形の金平糖☺

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。24歳社会人長男・21歳大学生長女の母。ただいま大阪エリア版の創刊準備中!食と児童書を二大柱に、子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪