やっぱ大阪の顔やと思う

万博記念公園にある太陽の塔。

1970年の大阪万博の時から

大阪を守ってくれてる。

期間中は塔の下の方が広場の屋根に隠れて

見えなかったが、屋根が撤去され

全体があらわになった時は

子ども心にゾクッ!と身体が震えるほど感激したものだ。

昔、万博に行った大人たちも

万博を知らない子どもたちも

太陽の塔を見つけたら絶対叫んでしまう。

「たいよぉーのとぉーやぁー!!」

岡本太郎さんの才能ってすごいねん。

この時代に直に見れてよかった、とまで思う。

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。24歳社会人長男・21歳大学生長女の母。ただいま大阪エリア版の創刊準備中!食と児童書を二大柱に、子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪