28日まで難波葱フェスタやってます・大阪の食

大阪版創刊準備号の「大阪の食」で紹介した「難波葱フェスタ」、始まりました!

18日には推進会議メンバーが難波に集合、まずは難波葱メニューをいただきながらキックオフセレモニー(情報交換会)。

Cafe&Mear MUJI難波の藤林シェフの絶品お弁当。

会場に入ったときから気になっていたコーナー、難波葱はわかるけど、前の工作物?はなんだ?!

 

答は「葱の帽子」でした!大阪府南河内脳と緑の総合事務所・農の普及課のみなさん手作りだそうです。

もずやんまで特別バージョン!

難波葱と言えばこの方!松原市の難波葱生産農家の上田隆祥さん。

他には副知事、JAの方、フェスタで特別メニューを提供する飲食店の方など会場はいっぱい。

実はこの集まり、すごくタイトなスケジュールでした。お弁当を食べる時間も短く、熱いボルシチ(超美味しい!)を必死で食べなければいけなく「あつっ!おいしっ!あつっ!」があちこちから聞こえました(笑)。

生産農家の方はもちろん、飲食店さんが空き時間にかけつけれるよう、苦労の末のようで、またそれをみなでやりきろうという熱気に包まれていました。

今日を迎えられて、こんなに協力者がいてうれしい、という空気があり、私たちお母さん大学大阪支局ひろえ&うかも、もずやんと記念撮影♪

さぁ!難波駅前で3か所に分かれて配布スタート!高島屋前では行列が!私たちはマルイ前で「難波発祥の難波葱~!」と叫びました。

え?え?高島屋前はもう終わった??難波葱の束を抱えて移動~!私はねぎ焼きお好み焼き鉄板焼きのお店・福太郎さんとともにダッシュ!

全体でも配布開始7分、あっという間でした。「もう終わったで~!」と合流地点に向かう間も「難波葱ってなんなん?何やってたん?」と声をかけられ「このあたりは昔難波葱の畑が海のように広がっていたんですよ。今日の無料配布は終わってしまってすみません!明日からフェスタが始まります。よろしくお願いします~!」とご説明。

28日まで!「食べる・買う・知る」で難波葱を楽しんでください。

 

毎日放送のちちんぷいぷいさんの映像。大阪支局は恥ずかしがりなんで後ろにいたけど、おじさまたちに「前や前や」と誘導され、知らん間に難波葱を持たされ、こんな真ん中に💦「みなさ~ん!おー!って元気に手を上げましょう!」私は難波葱上げたのに気づきアタフタしてるとこ映りました…。