ぼくたち・わたしたちの自由研究「味噌レポート」完成!夏休みみそまる教室in広島報告

全労済♡お母さん大学“孤育て”をなくそうプロジェクト特別企画(広島)

全労済×お母さん大学「夏休み自由研究大作戦!~親子でみそまる教室in広島」が、
8月9日(木)、全労済広島推進本部共済ショップ曙店で開かれました。

 

小学生親子15組は味噌について学び、
種類の違う味噌の食べ比べや便利な即席味噌汁「みそまる」づくりをしたあと、
それぞれの発想で自由研究レポートを完成させました。

体験学習を通して味噌に感じ入った子どもたち。
表紙には「みそはスゴイ!」「みそパワー」などのタイトルが並びました。

会場では、同じグループの友だちとレポートを見せ合ったり、
お母さん同士おしゃべりを楽しんだりと、和気あいあいの光景が見られました。

味噌の勉強
歴史や効能、種類や食べ方など味噌の基本を勉強し、
印象に残ったこと、人に伝えたいなと思ったことを、レポートにまとめました。

味噌の食べ比べ
米、豆、麦と原料や産地の違う味噌。色、匂い、味などを比べてみました。

みそまるづくり
味噌にだしと具材を混ぜて丸めてトッピング。思い思いのみそまるをつくりました。

みそまるに何を入れようか、迷ってしまいます。
どれもそのまま食べられると知ると、一斉に味見を始めました。

教材は、画用紙と味噌の本やパンフレットだけ。
お母さんと相談しながら何を書こうか考えます。

レポート発表!
前に出て発表してくれた5人。ミソガール先生からハナマルをもらいました!

主催者あいさつ
主催者を代表し、あいさつする全労済広島推進本部・深江課長。

みそまる音頭
今日の復習を兼ねて、みんなで「みそまる音頭」を踊りました。

ピットくんと記念撮影
全労済のキャラクター「ピットくん」が現れると、会場は異常な盛り上がりに。
一緒に記念写真におさまりました。

上記イベントは、
全労済♡お母さん大学“孤育て”をなくそうプロジェクトの一環として行われました。
次のイベント開催地は岡山!
「一日お母さん大学in岡山」では、子育て講演会とみそまる講座を行います。

詳しくはコチラ
お問合せは、お母さん大学(info@30ans.com 045-444-4030)まで。

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。