7月30日「お母さん業界新聞社」に社名を変更しました

730日、「トランタンネットワーク新聞社」は、
「株式会社お母さん業界新聞社」として、新たな一歩を踏み出しました。

 

「トランタン30ans」とは、フランス語で30代という意味です。
「子育てに追われてしまいがちなこの時期を大切にしたい」。
お母さんだけではなく、ひとりの女性としても輝きたい!
当時、30代で子育て真っ最中だった代表・藤本裕子の、
そんな思いから始まりました。

 

時代は変わり、お母さんも夢を叶えられるように。

けれども反対に、
「お母さんの心」が消えそうな時代になってしまったことも事実です。

そこで、令和元年で30周年を迎える今年、
「トランタン30ans」にさようならをし、「お母さん」に注目。
さらには、今まで以上に「お母さんの心」を取り戻す手法として、
地産地消の「お母さん業界新聞」を生み出していきたいと思っています。

 

子育て中のお母さんがペンを持って、わが子へのレポート「わたし版」を綴る
この活動を全国に広めていくことが、「百万母力プロジェクト」。

 

お母さんだけががんばるのではなく、
お父さん、そして自治体や企業にもできることで関わっていただく、
それが「百万母力協働プロジェクト」です。

 

1989年に「トランタン新聞」として創刊した新聞は、
今名前を変えて「お母さん業界新聞」として全国で愛読されています。

「全国版」のほかに、
「エリア版として「静岡版」「大阪版」「ちっご版(福岡)」があるほか
「わたし版」をつくり配っているお母さんたちの手によって、
それぞれの地域で「お母さん業界新聞」が配られています。

 

そして今秋、「横浜版」を新たに創刊することが決まりました。

横浜のお母さんたちが、子育てを楽しみながらペンを持ち、
「お母さん記者」名付けて「横浜MJ48」として、横浜のまちをかけめぐります。

 

MJとはマザージャーナリストのことで、「お母さん」の視点で、
日々の子育てや社会を切り取り、発信していくお母さんです。

 

今、孤育てが問題になっています。

お母さんが主役となり、新聞活動を通じて孤育てをなくし、
お母さんの笑顔をつなげていく活動です。

 

子どもを育てることの大切さ、子育てが未来をつくる大事なことであることを、
お母さんへ、そして社会へ発信していくことが、「お母さん業界新聞社」の使命。
お母さん自身がこのことに気づき、子育てを楽しめるようになれば、
世の中の多くの問題が解決するはずです。

 

「お母さん記者(MJ)」と同時に、
「横浜版」を含む「百万母力協働プロジェクト」に参画いただける
「百万母力認定企業」を募集します。
単なる協賛ではなく、
一緒に地域の課題解決に取り組んでいただく社会活動です。

 

横浜MJおよび、百万母力認定企業ほか、自治体からのお声がけもお待ちしています。

百万母力プロジェクトの詳細は、お母さん大学事務局までお尋ねください。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。