お母さん芝居へ行こう「明日-1945年8月8日・長崎」被爆者たちへの鎮魂歌

2008年より、
お母さん大学×劇団青年座が手がける
「お母さん、芝居へ行こう!」プロジェクト。

子育てに忙しく劇場へ足を運ぶ機会が少ないお母さんたちに、
日常を忘れ、本格的なお芝居を観て感動してもらおうという企画。

過去には『ブンナよ、木からおりてこい』、
母の愛をうたった『地の乳房』など
人間や命など本質的なテーマに迫る演目をご紹介。

そして今回の公演は、「明日-1945年8月8日・長崎」
それぞれの「明日」(八月九日)を信じ懸命に生きている人々…
戦時中の普通の日常生活を描いた、想像力に訴える秀作。

戦争がなかった「平成」から時代は「令和」へ。
今こそ、被爆国である私たち日本人が想像力を膨らませ、
未来に責任を持つということを感じるきっかけとして、
次代を担う子どもたちを育てているお母さんや、
若い人たちに観てもらいたい公演です。

7月の上演を前に、お母さん記者、親子記者が
稽古の見学や出演者インタビューなどを体験、
芝居の魅力、舞台の魅力を伝えます。

★上演は7月10日~17日、東京芸術劇場・シアターイースト
詳しくは、劇団青年座公式サイト「明日-1945年8月8日・長崎」

★お母さん大学生割引チケットのお申込みは
「お母さん大学」info@30ans.com  045-444-4030 まで

お母さん記者・親子記者レポートは随時アップしていきます。

芝居を観る前に!お母さん電源はOFFですか?
佐野美幸さんインタビューその3
佐野美幸さんインタビューその2
佐野美幸さんインタビューその1
劇団青年座見学その2(娘編)
6月9日、青年座さんのお稽古場へ、MJ仲間3人組で見学に伺いました!
お母さん芝居へ行こう!6/17③ もぐもぐと汗だくだく
劇団青年座見学その1(母編)
「お母さん!芝居へ行こうプロジェクト!」劇団青年座を取材して
お母さん芝居へ行こう!!出演者から表情を学ぼう!!
お母さん芝居へ行こう!劇団青年座公演「明日」夢の扉の中へ
【劇団青年座】『明日 1945年8月8日・長崎』お稽古見学
川柳メモ〜劇団青年座「明日」見学にて
劇団青年座公演「明日」を観たら、出演者とお話しよう!!
小暮智美さんにインタビュー③~お母さん芝居へ行こう!!
小暮智美さんにインタビュー②~お母さん芝居へ行こう!!
小暮智美さんにインタビュー①~お母さん芝居へ行こう!!
これが稽古の現場だ!!劇団青年座公演「明日」
劇団青年座「明日」貴重な生稽古見学へ
お母さん芝居へ行こうプロジェクト始まりました!劇団青年座公演「明日」

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。