お母さん大学


お母さん大学とは

お母さん大学とは

お母さんはスゴイ!を伝える
「お母さん大学」

■「お母さん大学」で母親たちに伝えたいのは、
母親であることの喜び、子育ての素晴らしさです


今は子育てをするのがとても大変な社会です。それは、母親たちだけの問題ではなく、すべての人が考えなければならないことです。未来を担っていく子どもたちを育てることが、どれほど大切な事業かということを、多くの人に伝えたいのです。

そして、一番大切なのは、母親たちが子育ての素晴らしさや喜びを、心から感じることです。初めてわが子を抱いたあの日、初めて子どもが笑ったあの日、初めて子どもが歩いたあの日…、たくさんの「初めての日」の感動を、お母さんは毎日子どもからプレゼントされるのです。その喜びを感じられたら、幸せですね。ひとりの人間を育てるのですから、子育ては大変で当たり前。でも、これほど楽しくて、素敵なことはありません。

「お母さん大学」の学費は年間3000円(お母さん業界新聞購読料込み)。入学できるのは、「お母さん」と「子育て支援者」の皆さんです。これからお母さんになる人から子育て真っ最中のお母さん、子育ては一段落というお母さん、子育てはもう卒業というお母さん。そして子育てを応援する人まで。お母さん大学は老若男女響学。みんなで子どもたちの未来を描き、笑顔で子育てができる社会を一緒に考えていきます。そのための出会いや気づき、学びや行動の場が「お母さん大学」です。


マザー・サイエンスマップ

■「お母さん大学」は、情報+コミュニティ(交流)+オフ会(講座・交流会・勉強会・イベント・講演会…)

「お母さん大学」は、百万馬力ならぬ「百万母力」。100万人のお母さんたちの情報を共有し、共感(響感)し、学び合う場です。
「お母さん大学」では、新聞とウェブで情報発信、さらにフェイスtoフェイスで講座やイベントなど、さまざまなプロジェクトを展開し、情報を伝えていきます。
お母さんたちは読者や参加者として楽しむことはもちろん、「お母さん記者」(MJ=マザージャーナリスト)になって発信することや企画や運営に関わることができます。
またウェブ上のコミュニティ「夢ひろば」では、お母さん同士おしゃべりや情報交換を楽しむことができます。

お母さん大学在校生が語る「お母さん大学ってこんなところ」 はコチラ

お母さん大学に入学したらできること

○インターネットで

SNS「夢ひろば」で友だちをつくる

・「お母さん業界新聞ウェブ版」の記事を読む

・「お母さん業界新聞ウェブ版」の記事にコメントする(MJ記者限定)

・「お母さん業界新聞ウェブ版」の「みんなの投稿記事」に投稿する

・お母さん大学講座を受ける

・お母さん大学のプレゼント企画に応募する

・お母さん大学でさまざまな特典を受ける

★「お母さん業界新聞」に記事を書く
お母さん記者(MJ=マザー・ジャーナリスト)に応募する


○オフで
・「月刊お母さん業界新聞」をテキストとして購読する

・お母さん大学の講座やイベントに参加する

・お母さん大学のミーティング(オフ会)に参加する

 

★もっと深く関わりたい人は→今スグ事務局にメール

・お母さん大学のプロジェクトに参加したい

・お母さん大学に企画を提案したい
・何か私にできることないかな…

「夢ひろば」への参加は、お母さん大学の入学が条件です。
入学には、年間3000円の学費(「月刊お母さん業界新聞」購読料含む)がかかります。入学後1週間以内のお支払いをお願いします。

学費振込先
●銀行
(株)トランタンネットワーク新聞社
横浜銀行関内(カンナイ)支店 普通
1071944

●郵便局
お母さん大学 00250-4-129583



★今スグお母さん大学に入学する


■「お母さん大学」の関わり方はあなた次第。今すぐアクション!

2008年4月に『月刊お母さん業界新聞』創刊準備号発行、6月にVol.1号を発行。以降、毎月1日に発行しています。また、すでに全国各地で「お母さん大学講演会」を開催。講演会、交流会、MJ記者講座など、さまざまな場づくりを展開しています。発展途上の「お母さん大学」ですが、試行錯誤でがんばりますので、ぜひ仲間になってください。

★お母さん記者(MJ=マザージャーナリスト)大募集!
[応募]TEL、FAX、メールで。

★インターネットにアクセスできない人は、
『月刊お母さん業界新聞』定期購読のみも受け付けています。
年12回発行(3000円送料込)
[申込]TEL、FAX、メールで。 


★「お母さん大学講演会」企画者募集!
[問合せ]TEL、FAX、メールで。

★「お母さん業界新聞メール版」(無料)購読者募集!


■「お母さん大学」を応援してくださる「子育て応援団」(企業・団体)を募集しています!

『月刊お母さん業界新聞』もフリーペーパーとして全国各地で配布中です。それは、一人でも多くの人に、お母さんの素晴らしさ、子育ての意味を伝えたいと考えているからです。現在、この主旨に共感し、お母さん大学を応援していただける「子育て応援団」(企業・団体)を募集しています。詳細はお問い合わせください。

株式会社トランタンネットワーク新聞社 
お母さん大学事務局 担当・青柳真美
〒221-0055 横浜市神奈川区大野町1-8-406
TEL045-444-4030 FAX045-444-4031
info@30ans.com

お母さん大学TOPへ

 

 

・「月刊お母さん業界新聞」を配る
・「お母さん業界新聞メール版」を読む

2008年02月03日 18:09 | お母さん大学とは | editor01


コメント

コメントはまだありません

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。