お母さん業界新聞

最新号の紹介

【特集 Mother to Mother お母さんだからできること!】

ジャパン味噌プレス

学長代理・藤本裕子

お母さん業界新聞とは

「お母さん業界新聞」は、こんな新聞です! 

○母親であることの喜びや子育ての素晴らしさを伝える新聞です。
○普通のお母さんが、お母さん記者としてアンテナを立て、日々の生活の中で起こったこと、感じたことを発信しています。
○子育ての発見や感動、喜びや悩みなどが共感(響感)を生み、「お母さんの心」が広がっています。
○新聞を読んだお母さんは笑顔になり、子どもやお父さんはもちろん、地域が元気になります。
○情報社会の今、人のつながりややさしさ、ぬくもりなど、目に見えない、物事の本質を大切にしています。
○新聞は、お母さんはもちろん、老若男女に読まれています。新聞が、人と人をつなげるツールになり、皆で未来を考えます。
○社員(お父さん)が家庭に新聞を持ち帰り、夫婦や家族の話材となり、家庭円満につながります。
○既存のフリーペーパーのように、広告やパブリシティ記事はありません。企業のフィルターがかかっていない情報です。
○新聞を配っているのは、全国のお母さん。地域で、手から手へ。公共施設や幼稚園などでも配られています。
○次世代育成や社会貢献の取り組みとして、企業の皆様にも応援(購読・配布等)いただいています。

■百万母力の子育て情報紙『お母さん業界新聞』 ウェブと紙、さらにメールで発信!


お母さん大学では、全国約350人のお母さん記者が、『お母さん業界新聞』として、日常のさまざまな生活情報を発信しています。ひとりの言葉に誰かが感じ、またその人が自分の言葉でそれを伝える、百万馬力ならぬ「百万母力」の共感(響感)エンジン。

ウェブで日々更新される『お母さん業界新聞』のほか、毎月1回ペーパーの『月刊お母さん業界新聞』を発行。さらに、『日刊お母さん業界新聞メール版』も配信しています。

『月刊お母さん業界新聞』は、お母さん大学のテキストとして、入学した学生全員に毎月、郵送されます。購読料は、お母さん大学学費(年間3000円)に含まれます。

『お母さん業界新聞ウェブ版』は日々更新。紙媒体の『月刊お母さん業界新聞』(10万部)も毎月1日に発行しています。また、
『お母さん業界新聞メール版』はテキストベースのメールマガジンなので、インターネットに接続することなく、わずかな通信料でケータイからも気軽にお楽しみいただけます。

その他、お母さん大学に入学しない方(インターネットにアクセスしない方)、新聞購読のみも受け付けます。その際は、年間購読料は3000円(送料込み)とさせていただきます。

団体購読(配布)は、送料をご負担いただくカタチでお受けしています。詳しくは、事務局までお問い合わせください。

購読料振込先
●銀行
(株)トランタンネットワーク新聞社
横浜銀行関内(カンナイ)支店 普通
1071944
●郵便局
お母さん大学 00250-4-129583


★『月刊お母さん業界新聞』を購読する!

 


■お母さん記者(MJ記者)とは 

みんなでつくる『お母さん業界新聞』。主役は、MJ記者の皆さんです。
マザージャーナリストは、記事を書く人だけではありません。意識を持って子育てをする(生きる)ということが大事。お母さん大学で、たくさんの人と出会い、学ぶことで、自分の子育てのステージが広がるでしょう。

「お母さん大学」では、お母さん記者(MJ記者)を常時、募集しています。
ライターや編集の経験がなくても大丈夫。日々の子育ての中での、発見や感動、喜びや悩みをそのまま発信してください。それは、多くのお母さんたちの共感(響感)を生み、連鎖していきます。また、MJ記者に応募された皆様には夢ひろばコミュニティの中の「MJ記者専用コミュニティ」等でMJ記者についての詳細を説明していきます。今は「どんなことをどんな風に発信していけばいいんだろう?」「私にできるかな?」と思っている方も、徐々に内容がわかってくるはずです。編集やライティングのノウハウも伝達していきますのでお楽しみに。


★お母さん記者(MJ=マザージャーナリスト)大募集!

[お母さん記者ご応募方法]
希望者は、お母さん大学に入学(登録)する際、入学(登録)フォームの中で「MJ記者を希望」してください。改めて事務局より、ご連絡をさせていただきます。

※MJ記者ご登録後、長期にわたり発信を休止する、解除する、その他重要事項に変更があった場合は、必ず事務局に連絡してください。

 

 お母さん業界新聞TOPへ



『お母さん業界新聞』のコンセプトは、お母さんを笑顔にすること。「お母さんはスゴイ!」「子育ては素晴らしい」と伝えることで、一人ひとりのお母さんの意識が変わり、子育ての毎日が楽しくなるはずです。お母さんが笑顔になれば、当然、子どもも、そしてお父さんも笑顔になる。すべての人たちの明るい未来をつくります。

編集方針は「お母さんの視点」=マザージャーナリズム。「お母さん」、またはお母さんのように「子どもたちにとって、本当にいい社会をつくっていこう」という理念に共感する人を、お母さん記者(
MJ記者)とし、MJ記者が書いた記事を世界に発信していきます。

『月刊お母さん業界新聞』はフリーペーパーですが、入手できるところが限られています。
お母さん大学に入学をせずに、毎月の定期購読のみをご希望される方は、年間3000円(送料込み)で、ご自宅または指定先に送らせていただきます。購読申込フォーム、またはTEL、FAXにてお申し込みください。