作戦名は「アイスクリーム」

予防接種の日
朝から、妻と作戦会議
子供に伝えるべきか否か

今回とった作戦は「伝えない」
子供たちを連れ、車に乗り込む
新型コロナ自粛でほとんど外出できていない子供達はウッキウキだ
少し後ろめたい気になりながら小児クリニックに向かう

駐車場に着いた時、長男が気づく
「今日誰もお熱ないけど、なんでクリニックいくと?もしかしてチックンすると?」
と不安げだ。これはもう隠せないと思い
「そうだよ、チックンしようね」
と伝える。案の定全力の拒否
「嫌だー!今日はチックンしない!」

するとそこで、妹が入ってきた
「お兄ちゃん大丈夫よー!私が一緒にちゅいとるけん」
拙い言葉ですごく励ましてくれているのはいいのだが、実は君もなんです
長男が動き出したので、その事は伝えられず

受付して呼ばれる間、車で待機している時も
「嫌だなー、嫌だなー」
と不安げな長男の肩をトントンしながら
「たいちょうぶだよ〜、ぎゃんばろうね」
と励ます妹、騙しているようで申し訳ないが、ものすごく可愛い光景だ

そうこうするうちに、問診に呼ばれ
特に問題もないため、とうとう注射タイムに

最初は長男
「嫌だ…」
と涙目になりながらも、頑張って腕を伸ばす
ちくっとされた時少し強張りながらも頑張った
その様子に、お兄ちゃんの強さがみられ、嬉しくなった

次に妹
呼ばれて、パパに抱っこされた時ようやく察したようで
え!私も?と言わんばかりの表情
腕まくりを始めた時には、「いやだー」と大泣き

なんとかかんとか終えることができた

二人が頑張ったご褒美に、アイスクリームを買いに行き
自宅に着くと、前の泣き顔が嘘だったかのように
幸せそうな笑顔ではしゃぎながら、アイスクリームを食べている

子供ながらに、悪いことといいことを行ったりきたりしているんだな
悪いことがずっと続くわけではない、次にはいいことが待っているはず
それを受け取る準備をしておこう
新型コロナ、負けずにみんなで歩いて行こうね

ABOUTこの記事をかいた人

宮里武行

沖縄出身福岡県久留米市在住の三児のパパです 子育てにおいて、大切にしていることは「全力で向き合うこと」 全力で一緒に遊ぶと、全力の笑顔を見せてくれる その一瞬で、いろんな力が湧いてくるような気がしています そんなわたしですが、家庭で一番大事なのは妻の笑顔です よろしくお願いします