夏の始まり

梅雨もあけたある日の夕方のこと

長男が突然言い出した
「セミとりに行きたい」
それを聞いて妹も
「私も行きたい」

となったので、家族総出で公園に行くことに

準備するのは、
虫かご、虫取り網に加え
自転車?
あれ?君は何しに行くんだい??

公園に着くと、
「ミーン、ミーン」とうるさいぐらいのセミの声

しかし、セミの姿は全く見えない
後から聞いたところによると、時期が早い場合は
セミが木の高いところにいることが多いらしい

結局何が始まったかというと
「あっちにもあるよー、こっちにもー」
とキャッキャしながら
ゴミ…いやいや、セミの抜け殻集め

子供達には、セミも抜け殻も同様に宝物のようです

ただ、宝物は色あせるのも早く
15分ほど、キャッキャした後は自転車時間

大人にとっては、ただの移動手段となってしまった自転車も
子供にとっては、まだまだ楽しいおもちゃ
セミとり(抜け殻集め)よりも長い時間
ただただひたすらに自転車に乗っている長男

それを横目で見ながら
ブランコに揺られる妹

何事も意に介さず、ベビーカーですやすや寝ている次女

そして

暑さに負けはじめ、ベンチでぐったりしている大人達

夏の始まりを感じます

ABOUTこの記事をかいた人

宮里武行

沖縄出身福岡県久留米市在住の三児のパパです 子育てにおいて、大切にしていることは「全力で向き合うこと」 全力で一緒に遊ぶと、全力の笑顔を見せてくれる その一瞬で、いろんな力が湧いてくるような気がしています そんなわたしですが、家庭で一番大事なのは妻の笑顔です よろしくお願いします