お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

ふうせん、ふぅ〜

インドア生活が続いてます、
ムスメ2歳。

ジナンにおっぱいをあげていたら、
隣でムスメがかわいい遊びを始めた。

ふうせん、ふぅ〜〜♡

パントマイム的?
エアーふうせん?

たくさんたくさんふくらませて

ムスメのまわりはふうせんの山⁈

面白そうだったので
わたしも仲間に入れてもらい

2人でたくさんふくらませて。

最後は、ムスメから
「バルーンのうた、うたって」
とリクエストされたので
一緒に歌って、エアーふうせんバレー

ムスメの世界に浸れて幸せ。
和みの時間。
キミのお母さんでよかったな。

 

 

6件のコメント

高木さん
コメントありがとうございます^_^
返信遅くなってしまいました。
子どもたちの過ごしている世界って
本当に楽しそうです。
実際のところ、ザ2歳児のムスメにはイライラしがちなんですが。
なるべくこの子だけを見つめる時間を過ごしたいと
思っているこの頃です。

おっぱいあげながら、2歳児のほうをちゃんと見て相手になって一緒の遊びへもっていく・・・
母力の余裕を感じました。
バルーンの歌ってどんなんかな…と佐賀のバルーン大会で歌われるのかな?

みっこさん
母力の余裕⁈
そう言っていただけると、本当に嬉しいです。
3人の子ども達と過ごして、少しは成長しているのでしょうか…^_^
バルーンの歌は娘が好きな英語の歌なんです。
今年も今日から熱気球大会が始まりました。
年に一度、佐賀が賑わう1週間です。

藤本さん
母力の余裕⁉︎
普段はいつもギリギリいっぱいなお母さんです…
でも、瞬間瞬間でも余裕が出てきたのかな。
子どもの世界に浸れるって幸せなお母さんの特権ですね♡

コメントを残す