お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

どっちがいいね!?

主人の母から息子へといただいた、ボーリングのおもちゃ。
息子が楽しそうに遊んでいる、インスタ映えしそうな
いいね!的な画像を撮って母に送りたいと思い
夢中になって遊んでいた息子からボールを取りあげピンを綺麗に並べる私。

画像はその時の息子のくやしがる様子です(笑)
中断された息子はたまったもんじゃない!

「ママが悪かった。」
「ごめんね。」

と言いつつも、息子のくやしがるべそかき顔が大好きで
たま~に見たくなり、同じことをやってしまう懲りないママなのでした。

撮影はなんとか無事終了。
不自然さ極まりない、いいね?画像になりました(苦笑)

11件のコメント

曽我さん、コメントありがとうございます
この顔がたまらなく好きなのですよね(*^.^*)

そう言っていただけてよかったです♪
何度も(内緒!笑)撮影した甲斐がありました。

インスタ映・・・
確かに子どもにはどうでもいい事。
でも、くやし泣きする顔を
見たくなるお母さんの気持ちもわかるな〜
インスタ映・・・
2枚目はバッチリです。
腰を落とした姿
思いきり広げた小さい手
ピンとの距離感
かわいい〜

書いた後にちょっぴり反省しました…。

最近ではイヤイヤ期到来か
自分でやれないことに、よくくやしがっているので
何もしなくても常に見る機会が増えそうな予感がします(^^)

バッチリいただけて嬉しいです。
ありがとうございます♪

ゆうちゃん。
すっかりマザージャーナリストも板についてきたね~(笑)
実況中継と写真を組み合わせて、記事になってるー!(笑)
「あ!これ、記事になる!」って日常のひとこまに、
「ピン!!」とアンテナが立った様子が手に取るように伝わってきたよ♪

私はガラケーだし、インスタ映えとは程遠いけど、
記事に「お母さんの視点&こどもへの愛情」がにじみ出るのが、
やっぱりお母さん大学生の記事なんだろうな~・・・
そんなことを感じたよ。

美和子さん、いつも感想ありがとうございます。
励みになります♪

“ 記事に「お母さんの視点&こどもへの愛情」がにじみ出るのが、やっぱりお母さん大学生の記事 ”

だから読んでいて共感することや自分の心の中にスーっと入ってくるのですね!

私もそんな、お母さんだから見える視点で
子供を見て、感じて、
ペンで書いていきたいと思いました(*^^*)

追加でお尋ねです!

ゆうちゃんの記事、行間が狭くて、段落空けとのメリハリがついて、
とっても読みやすい!

・・・んだけど、私はね、自分で記事書くときに、「投稿する」のところで記事書いても、
なぜか一行一行の行間が空きすぎてるのよね~
どうやったら、もうちょっと行間が狭められるかわかる?
設定の仕方があるのかな?
どなたか、わかる方でもいいので、教えてください☆

私はいつもスマホのメモ帳に下書きして
そこで、行間などをとって
そのままスマホ版のサイトにコピー&ペーストしているので
正しいやり方をお答えできずごめんなさい(つд;*)

金子さんがとても分かりやすく説明してくださっていて
サイトで直接下書きする時は試してみようと思いました。

美和子さん
金子さん

ありがとうございます(^人^)

近藤さん
もしかしてビジュアルの方に書いて投稿していませんか。
ビジュアルの右にテキストとありますので
それをクリックして、そちらを選んで
文章を書いて投稿すると行間はつまると思います。
ビジュアルで書くとテキストにも文字が入りますが
バグが入り良くないと聞きました。
試してみてください。

金子さん。
教えて頂き、ありがとうございます!!

今の今まで、「ビジュアル」やら「テキスト」やら全く意識したことはありませんでしたが、
仰るとおり、「ビジュアル」とやらで今まで書いていたようです。
これからは、「テキスト」を選んで書いてみたいとおもいます。

「パグ」「ビジュアル」「テキスト」の意味が全くわかりませんが、
説明書を読むより実行派なので、とりあえずやってみます(笑)

近藤さん
やっていただくとわかるかと思いますが
テキストの方で文章中に画像を追加すると
タグで表されますが
それをビジュアルでみると
そちらでは画像を見ることができます。
私も説明書を読むより触ってわかる方です。
習うより慣れろで、頑張ってくださいね。

コメントを残す

ABOUT US

伊藤祐冴
福岡県朝倉郡筑前町に住んでいる、2歳になる息子のお母さんです。 家で過ごすことが好きな “おこもり母さん” ですが、外に出ると息子が喜ぶため息子の笑顔見たさに日々奔走中。 ただ、ひとりの時間も大事だと思っています。 現在子育て中のお母さんのリフレッシュ方法を模索中。 お母さん大学でたくさんのお母さんと出会い、学び、楽しむことができたら嬉しいです。 よろしくお願いします。