お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

そういう日もあるとはいえど、子供にとってはそんな軽いセリフで済ませられないよね

長女、ごめんね。
今日はお母さん機嫌悪かったね。

寝る前の絵本も早口で、
はい!おしまい!もうねる!
お母さん機嫌悪いです!
なんて言ってさ。

なにも言わずに涙を袖で拭きながら寝る長女。

わたしが子供だったとき、お母さんの機嫌が悪いとどんな気持ちだったっけ。
…。
気分がどーんと重かったな…。

寝る前にわざわざ「お母さん機嫌悪いです」なんていわれたら気持ちよく寝れないよね。
いつも幸せな気持ちで寝かせてあげたいと思ってるんだけど。

「今日は機嫌悪くてごめんね。明日の朝はもう大丈夫だからね。」と、優しくない口調で言ったのは自分の罪悪感をフォローしたかっただけだな。

明日の朝、もう一度ごめんねして、おはようのだっこをして、ほっぺをすりすりしよう。
長女のまんまるの笑顔を取り戻さなくちゃ。

5件のコメント

体調が優れなかったのに絵本を読んであげて
言葉のフォローもしてあげてすごいですよ~
おつかれさまでした☆

寝たら忘れる
自分自身へよく思い込ませています。

長女さんも忘れて今日ある楽しいことや嬉しいことにわくわくしてるはず♪
起きて、お母さんから抱っこしてほっぺすりすりしてもらえるなんて
私だったら嬉しすぎます(*^o^*)

コメントありがとうございます!

今朝起きて、
昨日は機嫌悪くてごめんね。もう怒ってないよ。
といったら神妙な顔でじーっとわたしを見て、うん。と聞いてくれました。それからしっかり抱き締めあって、わたしのこころが救われたような気持ちになりました。
こういうとき謝普段ることをせずに流してしまうことが多いですが(ま、いっかと思って)、ちゃんと謝って仲直りするって自分の方が救われるんですね。

キューンっとなりますね。
お母さんの気持ちも、娘さんの気持ちもドバァーっと伝わって来て、キューンってなります。
優しくなりたいけど出来ない時…ありますね。
お母さんも人間だもの。
とっても素敵な朝を迎えられてて、いいよいいよ!って思いました。
私も、自分が機嫌悪い時や落ち込んでいる時、娘をギューっと抱き締めると心が元気になります。
やっぱり、愛をもらっているのは親の方だなと思いますね。

コメント失礼します(^^)
私も似たような事が良くあるなぁ、と思ってコメントしました。
私も昨日、夜中に息子が抱っこやおっぱいで全然寝てくれなくて、ついイライラしてしまって、あとで申し訳ない気持ちで一杯になりました。
お母さんはニコニコ笑顔で接するのが子どもにとって良い、と分かっていても難しいですよねm(_ _)m
私も、朝息子の顔を見て、笑ってくれていて良かった、と思いました。
こんな未熟な私でも受け入れてくれている…
子どもと接してると、親の方が心が救われるということを沢山経験させられます(^◇^)

齊木さん、藤川さん
コメントありがとうございます。

普段自分が思ってるだけのことを記事にして、こういう風にコメントもらえるってうれしいですね。書くことで、「明日の朝ちゃんと謝ろう」って考えがでてきもしたし。

いつもいつも笑顔でいるとか優しくいるとか無理な話で、そうあらねばと張り詰めるより、そうであることを受け入れて子供と一緒にある方が、わたしのなりたいお母さんだなと気付きました。

コメントを残す