お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

おそらにとんでけ!

次女と夫を家に残し、長女と公園に出かけた。

帰り道、新しい公園を見つけて、入ってみる。

シーソーに乗りたいという。

長女にはたぶん初めてのシーソー。
わたしと向かい合い、上に下に楽しそう。

「ゆいちゃん、おそらにとんでけすきだな~!」

おそらにとんでけ??

あ、シーソーのことね!
上に上がってピョンとおしりが浮かぶ瞬間のところが空に飛んでく感じなのかな。

上に上がるタイミングで「おそらにとんでけ~!」って言ってる。

楽しくてなかなか終わらず、雨が降りだしたのでやっと下りてくれた。

体重差あるから、お母さんはほぼスクワット状態です。太もも痛いです。

でも好きだなー。
シーソーっていうんだよって教えたけど、おそらにとんでけの方がお母さんは好きだよ。

1件のコメント

子どもの頃の景色を思い出してしまいました。
ブランコを漕ぎながらついつい空を見上げて、空に近づきたい気分になっていたことを。
そうですよね、それは「飛んでいけ~」と掛け声をかけたい気分だったということですからね。
楽しい子ども心を引き出してもらいました。ありがとうございます。

コメントを残す

ABOUT US
竹内未佳
4歳と2歳の娘のお母さんを奮闘中。もっとお母さんを満喫したくてMJになりました。子供と一緒に今を生きるお母さんになりたいと思います。