お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

娘のごめんなさいに救われた日

「早く来なさい!!(怒)」

いつものように、さぁお風呂に入ろう~と次女をだっこし長女に声をかけると

やだもん!ぷーん
もうおかあさんなんかだいきらい!

と逃げていった。

いつもは、どこだどこだ~??と追いかけて
じゃれあってと楽しい追いかけごっこになるのだけれど、
今日はなんだかそんな余裕がなく、
いつになく恐い声で怒ってしまった。

しばらくしてもう一度怒った声で呼びかけると、「はいっ!」と言ってやって来た長女。

服を脱がせて浴室に招き入れ、わたしは黙って頭を洗っていると、
「おかあさん、ごめんなさい」
と謝ってきた。

逃げたことにそんなに怒ってる訳じゃなかったけど、
自分が怒りすぎていることに気づいていたけど、
なんとなく態度を柔らかくできなかった。

わたし、なんで怒ってるんだっけ?
いつもは楽しめる追いかけごっこを今日はなんでできないんだろう。

9ヶ月の次女が
つたい歩きをするようになっていろいろと目が離せないこと、
後追いもあってだっこしていないとすぐ泣くこと、
母乳やめたいんだけど(体がつらい)、ミルクを飲んでくれない&夜もまだ1~2回授乳で起きること。

週末からの帰省にむけて、荷物の箱詰めしなくちゃ。
部屋も少し片付けないと。
あと1ヶ月したら仕事復帰だし、夜中の授乳やめないとつらいな…。

ちょっとしんどいなぁ…。

少しずつ、溜まっていたのが出たらしい(と、記事を書いてて気づく)。

お風呂から上がって布団に入ってからの読み聞かせも終わり、眠りにつく前、長女に謝る。

おかあさん、お風呂入るとき、怒りすぎちゃってごめんね。
ゆいちゃん、先にあやまってきてくれたでしょう?
ありがとうね。

わたしの目を見ながら頷いて、眠りにつく長女。

追いかけごっこで遊びたかっただけだろうに、いつもは大丈夫なのに恐い声で怒られて、訳分からなかっただろうな。

いつもは大丈夫なのに、おかあさん、どうしたのかな。
あやまろう。
と思って、謝ってくれたのかな。

お母さんの方が先に謝らなくちゃいけなかったのに、できなくて、先に謝ってくれた。
お母さん、それで救われたような気持ちになったんだよ。

ありがとうね、ゆいちゃん。

2件のコメント

私、どうしたんだろうか・・・?と自分に向けての問いは気づきへの第一歩ですからね。
相手が自分の鏡になってくれるのが人間社会にはつきものです。
今回は我が子ですから、子どもがお母さんを救ってくれたともいえますよね。
これからもこんな場面は繰り返しやってくるでしょうから、この記事を思い出せば乗り切れますよ。

最近減りましたが良くやってました。
謝るのはやはり娘から。私は少し時間置かないと謝れない…
私も書きながら反省します。
一緒に頑張りましょう!

コメントを残す