パパの仕事、私の仕事

以前からの被害意識癖が先週よく現れたなと思う。よく夕食の後片付けをしてくれたパパが先週疲れていたからか、食事が済んだらサーっとソファーに行くことが多かった。疲れててそんな時もあるよなと思えばいい話だったが、先週の私は何と言っても被害妄想女!!「私だって疲れてるのに、片付けて!」という意識が強かった。何とも困ったママにゃんこである…。

その時はパパはその日の気分で片付けたりしなかったりするのかと思った。その意識が強く、パパと激突した!

その時パパは「ひさえちゃんの仕事なんだから、俺が普段したらダメでしょ?」と言ったので、「家事は女の仕事」と何とも昭和的な考えをするのか!と思って、モヤモヤが取れなかった。次の日もやっぱりモヤモヤしてたので、パパにまた聞いて見るとそんな意味ではないことがわかった。

パパの見解は「家事も給料を貰ってもいいぐらいの立派な仕事。俺の仕事場が会社ならひさえちゃんの仕事は今は家の事。ひさえちゃんが外で仕事をし出したら分担するけど、今は専業主婦で家の仕事をするのが仕事なんだから、俺がひさえちゃんの仕事を取ってしまったらダメでしょ?」との事。でも、今まで片付けをする時としない時の差がよくわからなかったから聞いたら、ちゃんと分担を決めようということになり、平日の夜は体調が良いときはパパがやるということになった。

今思えば、パパの言うことももっともで、私の今の仕事場は家。パパは今まで私の仕事を手伝ってくれて感謝しなくてはいけないのに、自分勝手だなと思った。私は今家事の勉強もしているのだから、家事も立派な仕事と思われるくらい、活かさなくてはいけないなと思う。

かと言って、完璧にするのはかなりきついので、小さな子がいても簡単にできる食事作りや片付け等を考えたり、「家事は日頃ついて回る日常的なもので、単純作業」という考えじゃなく、「日常的な仕事でも、新たな発見がある」と少しでも楽しく考えていけたらと思う。

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤寿枝

福岡県大牟田市在住で、ママにゃんことチビにゃんこ(息子)、気まぐれマイペースなネコの親子を支えてくれる大黒柱のパパたぬきちゃん(ポッコリお腹でたぬき顔なので命名)の3人家族です。 趣味は、ヨガ、家の模様替え、通りすがりのネコの観察。