服の好みの話

私は物覚えがついたときからショートヘアで、ボーイッシュだった。

思春期も過ぎ、独身イェイイェイ期も過ぎ、今はごく一般的な服装だと思う。割とシンプルが好きだな、くらいの。

自分が子供の時ボーイッシュだった、だからではないけど、自分の子どもに選ぶ服が赤ちゃんの時からユニセックスな色や柄だった。なんか気恥ずかしかったし。だから服や布製品含め我が家にフリルや花柄は、なかった。

なのに、だ。

娘は今プリンセス満開期に突入している。

好みがピンク、花柄、フリル、きらきら・・・

制限していたわけではないのだが、抑えきれない「私、女子やし」が湧出してきているのか。あわわわ。

赤ちゃんの時も本当は

「あたちはピンクのふりふりがいいの!」

って怒ってたのかもしれない。

似合う似合わないはまだ4歳だしいいかな、として、今はプリンセス満開期を謳歌してもらうことにしている。私ってかわいい!!!!って寝ても覚めても思ってほしいから。

6 件のコメント

  • 独身イェイイェイ期(笑)

    私も同じくボーイッシュに育って、気恥ずかしさもあってふりふり・花柄はいただきもののみで買ってませんでした!
    最近はすこーし取り入れてます(笑)

  • 女の子は母親の言いなりにはならない部分を育つほどに感じていくはずです。(笑)
    シンプルが好みに対して、フリフリが好みという反動を含めてそのうち自分に似合うのはを
    見つけられたらそれが母と娘の一致点になるんじゃないかな。

  • 井上さん、曽我さん、お仲間発見です(ToT)
    うちも「ところでお宅の子はお嬢さん?」と聞かれるほどボーイッシュです(笑)
    着せてみるとピンクが似合うのかもと思い、時々うちも着せています。
    あぁやっぱりその路線通りにいかないことがあるんですね…
    そういうこともあろうと、今から覚悟しています!

    • 吉村さんとこもでしたか。ユニセックスの服も可愛いですからね。
      娘は園に入り、タイムトラベルしてきた原始人のように、ピンクのワンピースというものを着てる女子たちをみて衝撃を受けたのでしょう。

  • コメントを残す