お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

妹のワンピースで♡

オシャレに目覚めた、もうすぐ4歳の娘。

前から洋裁がしたいけど、作りたいものもないしなぁ・・と思っていた時、

1年半前に亡くなった妹の洋服が沢山あるのを思い出した。

私では、キツくて着られないし・・と思っていたので、

そうだ!娘の服にリメイクしてみよう!と思い立った。

娘にワンピースの柄は好きか確認したら、大好きとのこと。

洋裁の本を借りてきたけど、よくわからず、自己流でリメイク開始。

一度解体して、娘のサイズに合うように作ること3時間。

写真のものが出来ました~(^o^)

裏の仕上げはひどいです・・自己流なので・・。

胸のリボンは、娘のおさがりにもらった服についていたもの。

オシャレが大好きだった妹。

服はなるべく捨てないでね・・と生前母に言っていたようなので、

こういう利用法がいいなぁと思いました。

短い間だったけど、娘のこともとても可愛がってくれていたので、

喜んでくれていたらいいなぁ。

作っている間に眠ってしまった娘、さっき水を飲みに起きて

「スカート出来た?」と聞いたので、見せたら

満面の笑みで喜んでいました。

また眠くて、今日は着ずに眠っていきました。

明日は、裾にレースのフリルを付けるか検討中。

私、高校生の頃、洋服が大好きだったので、

こういうのを考えるの嫌いじゃないと思い出しました。

少し洋裁の勉強もしてみたいかも・・♡

 

 

2件のコメント

とっても素敵なドレスができましたね。
しかも亡き妹さんの服からリフォームしたところがなんて素敵な事。
妹さんのことを思い出しながら供養することができるなんて。
そして洋裁に目覚めるきっかけになったなんて。

みっこさん、ありがとうございます(^_^)
ワンピースとっても気に入ったみたいで、
今日もずっと着ていました。
ただ古着屋さんに売るよりも、
こういう形の方が妹も喜ぶ気がしました(^_^)
また、作っていきたいです!

コメントを残す