では出勤してきます~

「では出勤してきます~」

 

 

ツインが生まれた半年前の話。
小さく生まれた二人はGCUへ入ることに。夜中も妻は小刻みにミルクをあげに行っていた。そのとき、妻から届くLINEがいつもこうだった。

「では出勤してきます~」

斬新だった。特に、深い意味はなく、冗談で言っただけだろう。
でも、四六時中、仕事のことを考えている僕にとっては、眠たい目を擦りながらミルクをあげに行くことを“出勤”と呼ぶことに、妙に腑に落ちた。

1ヶ月が経ち、ツインが退院。
毎日20~26時が僕のミルク番となった。僕はそれを”夜勤”と呼ぶことにした。

先輩から飲み会に誘われたとき「すみません、夜勤があるんで」と断っていた。
冗談っぽく聞こえて、でも”やらなければいけないことがある”ということを相手に伝えられる。
職場でも夜勤キャラとなった。

その日あたりから、家事育児のことをプライベートの一部としてみるのではなく、仕事の一部としてみるようになった。(良い意味で)
「手伝って!」「家事して!」と言われるより「シフト交代!」って言われた方がなぜかやらされ感が出ないし、僕もやらなあかんやん感が出る。笑。
家事をしていない時間を”休み”と呼ぶとなぜか罪悪感がない。笑

逆に普段、家事をしてくれている妻、あるいは自分の母のことを考えた。
仕事をしていないようで、実は365日、働きまくっていた。それも無給で。勤務時間なんて9-17時どころじゃない。ブラックを超えたブラック。
家事の見方が変わった。よく考えたらわかること。でもそれがわからなかった。

平日の朝っぱらから台所で何かしているお母さんは、もうすでに勤務中なのです。
そらお母さんも休みいるわ!!!!!!!

そんな半年前のことを思い出すことになったのは、この本を読んでたからです!
『対岸の家事』朱野帰子(あけの かえるこ)

独身、既婚、子持ち、介護、それぞれの事情を抱えてみんな生きている。家事育児を切り口とした人間ドラマ、そして現代社会を映し出した小説です!

この本を読んで
幸せになるために自分で選んだ道。気づけば、過去の衝突、意地やプライド、嫉妬、そんな感情が自分を孤独に追いやっている。家事という仕事がどんなに大変か。
でも、たかが家事。完璧じゃなくていい!いつか笑って話せる日が来るから!
と、勇気付けられました!
自分と近い境遇の登場人物が出てくると思うのでストーリーに入り込みやすいです!
他人に優しくありたい。そう思わせてくれる一冊でした!

ということで、メリークリスマス!
※写真は、2018年のお礼参りに近所の神社に行ってました!

10 件のコメント

  • 藤吉さん、素敵なクリスマスだったでしょうか!
    お父さんにとっても、クリスマスはドキドキするものですかね(^-^)

    私も四六時中仕事のことを考えて休みなしに働いていたいた現役時代が、
    人生で一番ハードだと思っていました。
    娘が生まれるまでは…。
    体調(ぎっくり腰でも抱っこや、変な筋がつっても家事はマスト)や、
    物理的な問題(新生児がマーライオンのように吐き戻して、ちょっと先のタオルが抱いたままでは取れない)、
    気分の浮き沈み(子どもの笑顔に、急に泣ける)を乗り越えてきたら
    あの頃の自分なんてヒヨっ子です!(笑)

    家事もきちんとやりたかった私ですが、
    家事をやらなきゃいけなくて笑えない今日より、
    家事をやらなくて娘と笑える今日にしようと思ってます!
    (最近はだいぶサボりすぎですが)

    よいお年をお迎えください!

    • 吉村さん
      クリスマスは楽しかったです!ドキドキでした!またそちらの内容もアップしますのでよろしければ見てくださいー!

      >家事をやらなきゃいけなくて笑えない今日より、
      >家事をやらなくて娘と笑える今日にしようと思ってます!
      いいですねぇ~!なんかの歌詞ですか!

      >娘が生まれるまでは…。
      私もその真っ最中なのですが、子どもがきっかけで、優先順位、時間の使い方、お金の使い方、諸々ひっくり返りますよね。
      自分の目の前のことに一生懸命だったのが、子どもの周りのことに一生懸命になってます。
      頑張りすぎる人、120%の力で取り組んでしまう人にとっては、実はその方が肩の力がいい具合に抜けていいのかもしれません。
      今年もあと3日!大掃除ですよ~!良いお年をお過ごしくださいませ!

  • 働くお父さんが育児について感じられたことを、こんな風に書いてくださることに希望の光を感じます。
    飲み会の断り方が夜勤という、仕事仲間に響くユーモアとなってとてもいいな~と思いました。
    家事についていえば、完ぺきがないと思った時楽になるかな・・・
    手抜き上手になるためには食と睡眠について考えながら優先順位をつけながら、子どもと楽しく過ごすことを
    考えることからスタートしたら何とかなると思います。

    • 池田さん
      希望の光だなんてとんでもないです。細かい家事は全然やれてないので、最近は力になれてないのが、申し訳ない感じです。
      力の抜きどころって大切ですよね。うちは長男一人のとき、妻は150%ぐらいの力で挑んでたと思います。ボロッボロになってました。
      双子が生まれてからは、もう無理!ってなって「死なせない」が目標になって、かなり気楽になれたんじゃないかと思います。
      「食と睡眠」これ、ほんんんんんまに大切です!倒れるときってたいがいこれらの欠損ですよね。健康が第一とはつくづく感じます!

  • みっこさんにお誘いをうけて藤吉さんの記事を読みましたが…全部読みました…素晴らしいですね。
    そうなんです。ずっと働いてるんです!それを旦那さんに一番わかってほしい。乳児育ててるお母さんは本当に24時間。気持ちは28時間くらい。
    赤ちゃんの時から休む習慣つけてないと、休めなくなるなぁなんて思います。わ、今ぼーっとしてた!時間もったいなぁ〜とか言いながらぼーっとしてしまうことに。

    • 井上さん
      みっこさん!?みっこさーーーん!?

      素晴らしいとか全然ですよ!!書いてるだけで終わらないように行動に移さないといけないのですが、仕事を言い訳にできてないところが情けないです。
      いやぁほんまに働きっぱなしですよ、お母さん。調べたら年収600万円ぐらいの働きぶりだとか。。。
      28時間、寝てるときもフル稼動!子どもが布団蹴ったらかけてあげて。夜泣きしたらミルクあげて。
      なんで起きれんの?泣き声聞こえるの?って不思議でしゃあないです。
      一人になる時間ってほしいですよね?一人でカフェでぼーっとしたり。映画行ったり。ボヘミアンラプソディのチケットでもプレゼントしてみようかな(僕は見てないです)

      • ごめんなさい。お母さん大学での通称が勝手に染み込みすぎててついつい…みっこさんナイスアシストありがとうございます!
        一人になる時間欲しいですね。自分の思い通りに動ける時間。家でだっていいんですけどね。ノータッチで家事と子供のことが全部済まされていく中、自分だけリビングでゴロゴロのがストレス解消になりそう。

        • ありがとうございます。僕も今日からみっこさんと呼ばせていただきます!
          一人の時間をもらっても、家や子どものことが気になって、ソワソワして、落ち着かないみたいです。
          こうなったら、とーほーしんきのコンサートに送り出すしかないですわ!

  • 藤吉さん
    私は祖母世代ですが、あえて「みっこさん」と読んでもらっています。
    お互いそのほうが気楽に交流できているからです。
    お母さんは子どもを産んだ瞬間に敏感になるように神様が仕込んでいるようです。
    だから反応できるようになっているはずなんですが、でもそれがそうでもないママが結構出現しているような
    気がしたりして気になるのが祖母世代です。(笑)
    お母さん大学生は反応をちゃんとするからこそ、頑張りすぎてギブアップしたくなる心境にもなるんですね。
    だからそこは男性も知っていてほしいなと思っていただけに、藤吉さんの記事に希望を感じたのでした。

    • みっこさん!!!宜しくお願いいたします!!!!
      病院の先生に言われたんですが、赤ちゃんを抱っこしてたり、子育てに関わってたら、男性でもオキシトシンが増えて、
      その結果、夜泣きも聞こえてくるよって言われたんですが、毎晩、まばたきしたら、朝です。
      「昨夜はみんな静かにぐっすり寝てたね!」
      「いやいや3回泣いてたし…」
      ざら!ざらにあります苦笑!

      まっだまだ知らないことだらけなので色々とご指導ください。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    藤吉信仁

    大阪生まれ、大阪育ち、東京在住! 3歳♂、1歳♂、1歳♀の三児の父となり、初めて家事育児の大変さを知りました。 全国で活躍するお母さん、色々とご指導ください!宜しくお願いいたします!