キョクタンマン参上!!

お父さんがたまに張り切って家事をすると、だいたいどんくさい結果になります。
「え…、それ使ったの?!」「それ、そこじゃないのに…」

せっかくやってんのに、そんなん言われたら、くわぁぁぁぁぁぁってなります。
お母さんも、「いつもやってるの見てたでしょ!!!」となる。

挙句の果てには、
「スポンジに油用って書いとけ!全部に書け!全部や!」
「新しいのんまた買ったらええやろ?ほな今からスポンジ100個買ってきたるわ!そしたら文句ないやろ!」
みたいなことを言ってしまうキョクタンマンが登場します。

たまにやってくれる人のために道具をわかりやすく配置したり、マニュアルを壁に貼ったりとか、いちいちできませんよねぇ…。
でも一日の中で頻度が高い家事は、やり方をどこかに書いてあると、説明をしなくてもやってもらえるし、なんなら子どももできるし、体調崩したときに駆けつけてきてくれた人もできる。イレギュラーな事ばかりでマニュアル通りにいかないみたいですが、無いよりマシ!
そんなことを皿を洗ってて思いました。

毎日やってることだと全然余裕プー!子どもをお風呂に入れるのを毎日やっていると、使ったあとのバスタオルの干し方もわかるし、子どもの保湿クリームの場所もわかるし、塗り方もわかる。

すすんで家事をやるときに限って、普段やったことないことに手を出して、
「え!それもやってくれたのー!わ~ありがとう~」って喜ばせるつもりが
「それ違うんだけど」って言われて、結果、くわぁぁぁぁぁ!
いやぁ~どんくさいわ
僕が特に苦手なのは、ツインがミルク吐いたときの着替えが全然どれかわからん!です。
見たわかるやろて、いや見ても全然わからん!
今からラベルに「肌着」「外のシャツ」とか全部書いたろ。キョクタンマン結局参上!

手前味噌なんですが、妻がツインを産んでから退院して一番最初にやったことは、ミルクステーションを作ったことです。これには感心しました。
部屋の隅に、ミルクの粉と哺乳瓶、消毒アルコールなどが”定位置”に設置してあり、まずこれをこうして、ああして、こうやって、ああやってと、煮沸まで全て叩き込まれました。
これがあってミルク番の夜勤ができました。ミルクステーションって固有名詞をつけて、意思疎通を向上(言語レベルの統一)させたのも上手いと思いました。
お母さんルールをお父さんに定着させる方法は、それぞれのご家庭でやり方があるかと思いますが、ここはめんどくさがらずにぜひ!

6 件のコメント

  • これは…!わかりますよ!
    夫のごはんも「いつも通りの量で」とか言われても「え〜昨日より多い」とか言われるとムッとするので茶碗ならこのラインまで、カレーなら何グラム、と決めてもらいました。私もキョクタンマン!キョクタンマンイエロー!
    キョクタンマンの攻撃は【我が家のライフハック】といえばなんかシュッとしてますね。

  • 始めまして!
    いつも面白くて読んでいるのにコメントしそびれてる厚木の曽我です。
    台所と服はお父さんにはわかりにくいんだろうなぁと思います。うちもそうです。
    うちはごはんたまに作ってもらってやってもらってありがたいけど、もう少し調理器具少なめにor片付けもやってほしいと思っちゃいます…

    • 曽我さん
      こんばんは、はじめまして!
      調理器具と片付け!笑笑 完全にあるあるですね!僕の場合、そこに材料費超過まで加わるので、そもそも作らせてもらえないです笑
      調理器具に関しては、どこになにがあるか把握できてないので、目に付いたもの全部使った結果という感じでしょうか。
      片付けに関しては、おそらくなんですが、食器を拭くふきんがどこにあるかわからない、食器の元の場所を覚えていない、使ったあとのふきんはどう洗うのか、がハードルかと思います。
      食器を洗ってカゴに入れるぐらいは多分やってくれます!でもその先の作業がイメージできなくて、結果、断念してる方が多い気がします!

  • 読んでて笑ってしまいました!
    まさしく年末休みに入った旦那が一日家にいるようになり、張り切って大掃除してくれてますが、お互いイライラしまくりです!
    お高いのやり方が一番と思うので、、笑
    キョクタンマンが出ないように、怒らせるギリギリの言い方を気をつけています。

    • 脇門さん
      やっぱりそうですか!笑
      張り切るのんダメですて!毎日家事してる人には敵いませんて!

      気をつけてくださいね!鍋のコゲた汚れまで取り除くとかゆうキョクタンマン出てきますから!
      (去年の自分です。苦笑 今、このタイミングで、激落ち君全部使ってまでそれやるか!?って感じでした)

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    藤吉信仁

    大阪生まれ、大阪育ち、東京在住! 3歳♂、1歳♂、1歳♀の三児の父となり、初めて家事育児の大変さを知りました。 全国で活躍するお母さん、色々とご指導ください!宜しくお願いいたします!