そんなこんなの2019年

六義園の藤代峠からの景色

明けましておめでとうございます!

 

さて、今年はどんな年にしましょうか!しましょうかて言うても流れにどう上手くのるか、みたいなところですが!

私にとって昨年は仕事や家族でも様々な事が次々と起きたのですが、それでも家族が一気に増えたことは、大変ですが、ポジティブな事で心の支えとなりました。

日々の育児をSNSに書いていたら、以前から仕事でお世話になっていた大阪版の編集長にお声掛けを頂きまして、現在にいたる運びとなりました。

視野を広げるきっかけを与えてくださって感謝しております。

頭の中は、U.S.A.~♪ ではなく、ゆゆゆゆーっけーっえーっ!です。

 

昨年、以下のことを体験しました。

 

■我が家の話

私はずーーーっと働きづめで、妻一人が育児を担当。

長男は、げっぷが上手にできず、なかなか寝つかない。

背中スイッチどころか、全身スイッチ。めっちゃ小さい物音でも起きる。

妻は睡眠がとれず、精神的にも追いやられていた。

 

転勤により、妻の実家が近くになり、子育てに関しては環境が大きく改善された。

そんな中、双子を授かる。

(あの長男のときの苦しみが、二人分同時に起きると考えたら…、無理かも…。)

そんな不安で妻は押しつぶされそうだったが、いざ、ふたを開けてみたら、長男と違って、双子はめっちゃ大人しい。

すぐ寝る。よく飲む!片方が泣いても、もう片方起きない!

二人合わせてより長男一人の方がしんどかった!なんなら、いまだに2歳の長男の方が大変。

 

これまで、泣く、寝れないという悲鳴を妻から聞いていましたが、正直、赤ちゃんってそういうもんでしょ。と思っていました。自分はやりもせんとひどい話です。

子供によってこんなに違うとは思いませんでした。

頭ではわかります。当然です。一人ひとり違います。でも、思っていた以上に実際は違いました。

 

 

■友人の話

5年前のこと。大学の友人が女の子を授かったが、その子はお父さんに全然懐かず、夜泣きも激しい。奥さんは家事も疎かになり、苦しくて苦しくて子どもを生んでよかったのか、と自問自答する日々が続く。

 

5人兄弟の長男である私は、子どもの扱いにそれなりに慣れている。

その話を聞いたとき「せっかく授かったのにそんなこと言うなよ!それはあやし方の問題ちゃうの?」と言い放ってしまった。

「何をやっても無理。」とあきらめモードだった彼に私は腹が立った。

あきらめるとかそんなんちゃうやろ!と。

 

5年経ってやっと彼らの当時の辛さに気づいた。本当に大変だったんだと思う。

 

先月、彼と会う機会があって、そのときのことを謝った。

そんな彼も先々週に男の子が生まれた。

そして、彼は明日からメキシコに単身赴任らしいです笑。赤子と5歳の女の子を連れて、奥さんもあとからメキシコに行くみたいです笑。

めっちゃたくましなっとるやんけ!

 

 

■会社の先輩の話

時間、体力、精神、様々な苦労を経て、待望の女の子を授かった。

愛情いっぱいな毎日で幸せな日々。

 

一方で、保育園のママ友は、夜泣きや、ご飯を全然食べないなどみんな個々に悩みを抱えていた。

先輩は、うんうんとうなずきながらも心のどっかで、愛情の差だと思っていた。

先輩は、苦労して苦労して、やっとできた赤ちゃん。夜泣きだろうが、何だろうが、なんだって可愛い。すぐに授かった人にはわからない。そう思ってたみたい。

(同じ立場なら僕もそう思ってたと思う)

 

そして、先輩は続けて、二人目も授かった。全てが順調に進んでいた。

しかし、二人目の女の子は、これまでとは違った。

泣いて泣いて泣いて。先輩、その旦那さんは寝れない。

夫婦で押し付けあったり、大声で喧嘩になったり。

 

先輩はそこで初めて気づいたらしい「これか…。」と。

当時、まわりのママ友に対して、見下したような考え方を持っていたことに申し訳なかったと言う。

先輩は、上の子が大人しく、下の子が激しかったのに対して、うちは、上が激しく、下が大人しい。自分もそんな経験をしたからこそ共感できた。

 

 

学んだこと

 

 

■「ずっとは続かない」

今の悩みや辛さは今だけであり、時間が解決してくれる悩みもたくさんある。

これを信じると今日を乗り越えられる!!

今だけ!!

 

■頭ごなしに解決策を言わない(男性にありがち)

子どもは、一人ひとり違う

家庭を取り巻く環境も、それぞれ違う

いかに相手の立場になって一緒に考えられるか、寄り添えるか、まずは上手な聞き手になれるか

他人に共感できる人間になりたいと思います。

 

 

そのためにも、お母さん方の日々の頑張りや苦悩、喜怒哀楽を知って視野を広げていきたいと思います!!

 

ビジネスやスポーツの世界では、目標を設定し、行動分解をし、逆算して行動を設定する。

それは家庭にも応用できると思う。

でも、家事育児に関しては、方法論とか目標よりも、

“今”を乗り越えることに注力してもいいんではないかと思う。

 

ほなまずはこれからやってみようか。

これならできそうやんね。

と。

 

ゴールが明確でないと、精神的に疲弊する。今を乗り越えるという連続は、その場しのぎで得策ではないかもしれない。

でもそれでもいい!完璧、理想を求めるとつぶれてしまう。

 

変わらざるを得ない環境によって今の自分があります。変わらないお父さん、変われないお父さんの気持ちはわかっているつもりです。そんなお父さんを悪者にするのではなくって、そちら側にいた人間として寄り添っていければと思っています。一方で、自発的にお父さんが家事育児に参加するようなきっかけ作りを並行して考えたり、家事育児の良さも伝えていきたいとも思っています。

 

そんなこんなで、2019年もどうぞ宜しくお願いいたします!

だいぶ削って2350文字!ごめんちゃい!!!

※ちなみに、2019年になってツインたちは新年心機一転、夜泣き再開です。夜勤再始動かーーーー!!!

10 件のコメント

  • ゆゆゆゆーっけーっえーっ!、わかる人にはわかりますね、夜中にふきだしました(笑)
    こちらこそ、こんなに楽しい発信をお父さん記者がしてくれてうれしいです。
    ありがとうございます(´;ω;`)ウゥゥ
    大阪にいらっしゃるときより、すごく近くに感じている今日この頃。
    お父さんとお母さんの両方の気持ちがわかるスーパーマン、尊敬です!
    夜勤、がんばれ~

    • 宇賀さん
      もう今までの発信全部なしでいいので、U.K.A.だけは褒めてください!ひらめいた瞬間、頭の上に電球浮かびましたわ!
      僕も思います、もう宇賀さんご近所さんですねー!
      お父さんらしさ、お母さんらしさをもって、両生類になれるようにがんばります!

  • はじめまして!5歳娘一人っ子の人に会うのが大好きなシングルマザーです!
    年末久留米であったお母さん大学ちっごの忘年会でもウワサになっていた、お父さん記者!藤吉さん!
    やっと読ませてもらいましたーー!
    いやぁ。じわる!うまい!おもしろい!
    双子ちゃん、大変そうな長男くん。。
    ネタの宝庫ですねーー!
    そして、アンテナの貼り方がピカイチ!見習います(笑)
    どうぞよろしくお願いします⭐️

    • 安藤さん
      久留米、昨年に出張で行きましたよ~!!素敵なところでした!
      アンテナの張り方も変わってきたように自分でも思います。
      こちらこそ勉強させてください!どうぞ宜しくお願いいたしいます!

  • 私からみたら婿殿の様な存在。 勉強になります。

    ウチの孫はまだですが、娘と一緒に努力する姿は理解できます。

    男性の視点、大切ですね。 まとめ方もさすがです。

    夜勤の始まりも終わりが有ります。 ご夫婦で全ての役回りを果たしていくのも良いものです。

    新しい形の子育てと古い考えのオババの話しも参考になると良いですね。

    • 積山さん
      子供の成長をみていると、何事も始まりと終わりは必ずあるとつくづく感じております!
      言葉ではよく聞きますが、より一層を今を大事にしようと思います!
      先輩方の経験、知恵、たくさん聞かせてください!

    • 杉本さん
      渦中にいるときは、気づかないし、助言も頭に入ってこなかったり。
      でも振り返って気づけたときは、自分が成長したってことですよねー!
      家庭に限らず、仕事でもなんでも「ずっとは続かない、だから今がんばろう!」って去年から思うようにしております!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    藤吉信仁

    大阪生まれ、大阪育ち、東京在住! 3歳♂、1歳♂、1歳♀の三児の父となり、初めて家事育児の大変さを知りました。 全国で活躍するお母さん、色々とご指導ください!宜しくお願いいたします!