お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

可能性の芽

年中さんになった娘、今年は去年と違い幼稚園のプールをとても楽しんでいるよう。去年と違うのは、今はお風呂でシャワーを頭からザーっとかけられるようになったことで、水への恐怖心がなくなったからだと思う。

お風呂担当のパパが、いつの間にか頭からかけていたことをだいぶ後に知った。たまにパパが入れない時に、私がお風呂にいれると赤ちゃんの時のような洗い方をいつまでもしていた。ある日ふと、お風呂に用がありパパと頭からかけているのを見たとき、「ええぇっ、そんなことできるの?!」とかなり驚いた。

そして、先日、娘が幼稚園のホールでマットを引いて鉄棒で回れた!と喜んでいて、その後、公園の鉄棒で同じことをしようとした時、「マットないし落ちて頭打ったら大変だよ」と私とパパでおさえながら回った。

でも、次の日、パパと二人で公園に行ったら、あっさり鉄棒したと。パパがやらせたみたい。そして、私も娘が鉄棒で自分なりの回り方をしているのを見た。なんだ、できるんだ・・。

いかに普段、私が娘の可能性の芽をつんでしまっているかを思い知った。つい、心配が先に来てしまって。。

でもパパが、上手に娘を導いてくれているように感じた。私一人では、ここまで育っていないと改めてパパに感謝した☆娘は、私が思っているよりずっとたくましい。

いつまでも赤ちゃんみたいに思ってしまう母だけど、もっと娘を信じられる母になりたいな(*^_^*)

2件のコメント

久しぶりの投稿ですね。
誰かな・・・と最後までわかりませんでした。
子どもは成長し続ける人だというのをはっきり感じられる経験でしたね。
挑戦する気持ちを育むのを手助けされたのはお父さんでした。
その調子で見守っていかれますように。

みっこさん、お久しぶりです(^_^)
久しぶりに書きたいことが浮かんだので、投稿してみました。
本当に子供は1年でこんなに成長するんだ・・と実感しました。
改めて、私一人ではなく、色々な人に育てていただけると
いいなぁと思う出来事でした。
パパは私のプライドを傷つけないよう、娘を導いてくれてありがたいです。
コメントありがとうございます!

コメントを残す

ABOUT US
高野智恵
5歳娘の育児をしています。どうすれば楽しく育児ができて、楽しく暮らせるか 試行錯誤しています。