本当に必要な物?

ヨガの仕事を終えて、息子が「どっか行きたい」と言ったので、ちょうど息子のサンダルが小さくなって買わなきゃと思ったので、買いに行くことに。

息子のお気に入りも見つけて買うと、「おもちゃ屋さんに行きたい」と言い出したので、「今日は何も買わないよ」とお約束をし、行ってちょっと遊んだ。

出るときに「ゲームしたい」と言って来たが、今日は何も買わないとお約束をしたので、ゲームはしなかった。

肌着がめっちゃヨレヨレになってたので、隣の子ども服売り場に行ったら、長袖のウルトラマンのパジャマを見つけて「これ買って!」とおねだりされた。いつもの私なら息子がギャーギャー言うと大変なので買ってしまうだろうけど、最近ある事があり、私の意思を貫こうと決心した。

「サンダルも買ったし、そんなにいろいろは買えないよ」「家に帰ってからよーく考えて、本当に欲しいと思ったら買いに行こう」といろいろ話したけど、なかなか引き下がらず、むしろエスカレート。店内でギャーギャー言うわ叩かれるわで、めっちゃ困った。でも、ここで買ってしまったら息子にとっても私にとっても良くないと思い、私も意思を貫いた。

肌着だけ買い、車に乗ろうとしない息子と話すことに。息子の気持ちに共感しようと言葉をかけたり、いろいろ言葉かけたけど、なかなか気持ちが治らない。どうすればいいのかわからない自分に嫌気がさした。

「康太が欲しい気持ちはわかるよ。ママも欲しい物があったら買いたくなるもん。でも、今日はパジャマを買うつもりはないし、買うんだったら本当に康太に買ってあげたいって気持ち良く買ってあげたい。ごめんね」と話すと泣きながら車に乗ってくれた。ちょっとは理解してくれたかな?

何故ここまで意思を貫いたかと言うと、息子にこれは本当に必要な物なのか考えて欲しかったから。あと、一昨日のパパとのやりとりからである。

私は自分自身の為、一大決心して勉強すると決心した。それは随分前から考えていたが、今までヨガの勉強でかなりのお金を使ってきただけに、パパに言い出せずにいた。家族に迷惑がかかると思ったから。

でも、今のままではどうすれば今の自分の苦しみから解放できるのかわからなかったし、やっぱりここだ!と確信したので、パパに話した。

パパは私が日頃家計管理をしっかりしているのを知っているし、パパが稼いだお金は自分だけのではなく、みんなのお金だと話してくれた。私は今まで自分は稼ぐことができずに、パパがいないと何もできないと自己嫌悪になっていたが、私は家族の為に家計簿をちゃんとつけているんだと自信が持てた。改めて家計は家族共通の物とパパと再確認できて嬉しかった。

そんなこんなで、「これは本当に必要な物?」と一度立ち止まって考えるようにしたいなと思う。そして、自分自身の為、家族の為、ヨガに来てくれているみんなの為にもしっかり勉強して、新たな自分になりたい。

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤寿枝

福岡県大牟田市在住で、ママにゃんことチビにゃんこ(息子)、気まぐれマイペースなネコの親子を支えてくれる大黒柱のパパたぬきちゃん(ポッコリお腹でたぬき顔なので命名)の3人家族です。 趣味は、ヨガ、家の模様替え、通りすがりのネコの観察。