お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

まだ夫にイライラで消耗しているの?

こんにちは。部屋はカオス、髪の毛ボサボサ、保育園への忘れ物は常な一児の母。北海道稚内市でゲストハウスの女将をしてます!

わかる。しょうがない。子育て中に夫に対してイライラはたぶん例外なく全員するものなのだ。(マリア様みたいなお母さんは除く。)

わたしがイライラ妻の良い例で、ほぼ完ぺきな夫を持つのにどうしてもイライラする。夫が悪い訳ではないし、どちらかというと自分の幼稚さ故にイライラしてしまう部分が強いと思う。職場結婚だったので夫を知る知人は多く、「良い夫で良かったね」的な声をかけてくれるのだが実にその通りだと思う。

だけど少しばかり言い訳をさせてもらうと、いくら完ぺきな夫でも、生物学的にもどうしても負担は妻にのしかかりやすいのは事実なのだ。

産後は精神的また肉体的にボロボロになるのに、わたしたち人間がほ乳類であり続ける以上赤ちゃんは母親に頼らざるを得ない。

だからどんなに素晴らしい夫を持っていてもある程度のイライラはあるはずというのが自論。

イライラにも度合いや種類があって、避けるべきイライラで自分の人生を消耗するのはあまりに勿体ないんではないかという話。そういうイライラはきっとわたしたちの人生の時間を無駄にしているよ!

例えばふとした瞬間に、過去のことを思い出してイライラ。また起きてもないことに「どうせ〇〇なんだろう」と想像してイライラ。どれもわたしのことです、はい。

イライラする人って不細工になりがち。鏡を見ると自分の顔に嫌気がさしてため息が出る。自分が不細工になるのはまだいいけど、子どもにまで不穏な空気が伝わるのは避けたい。

それを改善できる簡単な方法がこれだ!

「自分が夢中になれることを見つけること」

イライラした時こそ、無理矢理にでも自分のための自分が夢中になれる事柄に思いを馳せるべきなんだ。

わたしの場合、友だちへのライン中が夢中になれている瞬間。なかなか会えないけど近況報告しあったり。

お母さん業界新聞への寄稿中も夢中になれる瞬間。

メルカリで出品するのも好き。綺麗な写真を撮ってアップして高評価をもらうことになぜか夢中になれた。

子どもの方がすぐに飽きちゃったりするけれど、絵本を読んであげたり、子どもの服やおもちゃを選んでる瞬間も実は楽しかったりする。

たまにしか時間が取れないけれど夫と夢を語り合うのも楽しい。(結局ラブラブか)

夫に対してのイライラはたぶんいいことない。さあ深呼吸して、少しでも楽しい事柄に思考をシフトしよう。

※注  産後はイライラしてしまうもの。そんな自分をそっと見守ってあげましょう。

●SNSやってるよ
Instagram
Twitter

9件のコメント

武重美亜さん

初登校(投稿)おめでとう。
ようこそ、お母さん大学へ。
稚内から発信、楽しみです。
北海道は、涼しいのかな?

初記事は、ネガティブなのか、ポジティブなのか、
これからの武重さんが楽しみ。

そう。イライラする時間は、もったい!

夢中になるものは、もしかしたら、すぐ近くにあるかもよ。

はじめまして。
私もイライラした時には、趣味の「筆文字」を描くか
写真をアルバムに入れる作業をして
何かに集中する時間を作ります。

娘が生まれたばかりの頃は 夫に対してイライラしましたが、諦める事で、イライラもしなくなりました(笑)

初めまして。
北海道の夏は涼しいと思い込んでいますが、今年の夏はとても暑いのでしょうね。
お写真ではお見事なカオスぶり。 親近感が湧きますよ。
子育て中にあれもこれもと完璧になんてできっこ無いです。
増して 夫婦の仲は犬も食わない事。 それで良いのだ!
そのままで好きな事に夢中になれる事が有れば良いのです。
イライラしても良いのです。 だって人間ですから。 無理しないで楽しい事が一個でも有れば良し! 大丈夫!

はじめまして。
うちも、ほぼ完璧な夫にもかかわらず、イライラします(笑)

てか、ほんと毎日イライラしっぱなし・・・
時間もったいないですね。
気をつけよっと。

この「お題」にノックアウトされました♪
北海道からようこそ!
大阪の宇賀(うか)と申します。
ほんと、自分のイライラは自分ですね。
その時間がもったいない!とこの記事で確信しました。
ありがとうございます~

はじめまして・・・の投稿にこれほど自分をしっかり感じているのがお見事です。
頭でわかっているから次には行動することでイライラを納めることまで分かっておられます。
母が最初に父よりも苦労をするのは生物学的に覚悟するところだと私は思っています。
子育ての中に自分の楽しみ時間は作っていくことが大事ですものね。

コメントを残す

ABOUT US
武重美亜
2018/6/30に女の子を出産。出産時の痛さが未だに信じられず、女性ばかりが辛い思いをする妊娠から出産までの仕組みにブチ切れて1年が経過。一体なんなの!? 神さま何してくれるの!