何事もほどほどに

突然カミングアウトしますが、昨日息子が学校休みました。体調崩したとかじゃなく、理由は宿題やってなかったから。夏休みの宿題もやっておらず、普段のもしないといけないから、息子自身きつかったのだと思います。あまりの爆発で(よくあるんですがね、はい。)「今日学校行かん!」と言ったので、「いいけど、ママもやりたいことあるし、くっついてこんでな!」と私もブチ切れ。そんなこと言ってもくっついて来るんですけどね、息子。

思い出したのが、今読んでる本「ほどほど家事ならムリなくつづく」。今回の事件とどう関係あるのか?!と思われますが、関係大アリです!

家事には前から興味、関心があり、私にとってはされど家事なんです。何故か⁈家族が気持ち良く、健康に過ごせるようにと願うのはもちろんですが、効率の良い家事の進め方、簡単でおいしいレシピが知れたら等いつもの家事の中で発見があったらすっごくワクワクするし、楽しいんです♪

まぁ、料理も本を見ながらじゃないと作れない私ですが、この本読んで主婦である私だけが全部を背負いこむのではなく、土日は料理が好きなパパが作る、洗濯好きな私がゆっくり洗濯物を干す等得意な人が得意分野をすれば良いよなぁと思います。

話は戻りますが、何故息子は宿題をしたくないのかと聞くと、よく「わからないから」と言います。昨日パパと話し合った解決策は、

今まで夕食の後片付けはパパがしていたが、私がやって、宿題を教えるのが得意なパパが息子の宿題を見る。(私は教えるのが苦手なので)

苦手な分野は得意な人に任せるとうまくまわると思うんです。育児もそうですよね。お世話は私じゃないと嫌がる息子ですが、遊びはパパがいいそうです。私一人で問題を抱えるのではなく、家族で考えて行くことを教えてくれた1冊でした。

ちなみに今日はいつもと変わらず学校に行きました。昨日先生から電話があり、「やっぱり(休んだ理由が)宿題のことかなぁと思ってました!」と話してて、息子のことわかってるなと安心しました。「しなくていいから学校おいで」の先生の言葉に安心したのか、息子も行く気になったようです。息子にとってきつかったんだろうなぁと思います。

私にとっても息子との関わりを考えさせられる良い機会になったと思います。

 

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤寿枝

福岡県大牟田市在住で、ママにゃんことチビにゃんこ(息子)、気まぐれマイペースなネコの親子を支えてくれる大黒柱のパパたぬきちゃん(ポッコリお腹でたぬき顔なので命名)の3人家族です。 趣味は、ヨガ、家の模様替え、通りすがりのネコの観察。