音楽という共通のもの

音楽が好きだ。楽器は弾けないが、歌うこと、聴くことが昔から好きだ。小学生の時、私が喋ると「変な声!」と言われ、今でも小さな声で話すが、それでも歌うのは好きだ。

パパと好きな物の共通点は結構ある。1番は食べること、車、あと何と言っても音楽!しかも、「スピッツ」という好きなアーティストも一緒だ。

来月スピッツの最新アルバムが出るとのことで、その1曲がユーチューブで流れてると聞き、夕食後家族で聴いた。すごく良い曲で、終わった後もいろんな懐かしい曲を聴いた。

パパが「スピッツを知ったのは、何の曲を聴いてから?」と聞かれ、私はロビンソンの時とか俺は空を飛べるはずとか、いろいろ話した。そこまで詳しくスピッツについて話すことは滅多にないから、すごく新鮮だった。

以前も書いたが、パパとの関係がマンネリ化してると感じていたが、今日スピッツという私達共通のアーティストを通じて、すごく幸せな気持ちになった。私達に音楽がある限り、家族はいつまでも一緒にいられるだろう。(まぁ、なくても一緒にはいますがね、はい。)

今日、こんな時間を私達に授けてくれたのはきっと神様のお陰かなと思う。やっぱりなんやかんや仲良く暮らしなさいとお告げかもしれない。

余談ですが、その後息子にスマホ取り上げられ、星野源のドラえもんやら替え歌に変えられ、いつもの佐藤家に戻りましたとさ。チャンチャン♪

 

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤寿枝

福岡県大牟田市在住で、ママにゃんことチビにゃんこ(息子)、気まぐれマイペースなネコの親子を支えてくれる大黒柱のパパたぬきちゃん(ポッコリお腹でたぬき顔なので命名)の3人家族です。 趣味は、ヨガ、家の模様替え、通りすがりのネコの観察。