コロナ禍のなか昆布とマスクとみそまると

昨日、朝に宅配便が到着
何も買っていないのになんだろう?
あけてみてびっくり!!!!

https://www.okaasan.net/oshirase/news/52637/大阪・小倉屋山本さんからお母さん記者へ。愛と昆布をお届け

編集長LINEで上のような話をしていたが、小さいお子さんのいるお母さん記者のところにいくのだろうと。
こんな卒母MJには関係ない話だと思っていた
なのに来た!びっくり!

ここで何度か書かせてもらっていますが、家の息子殿は一人立ちして
別の場所に居を構えている。
しかし、やっぱり心配、先日もLINEでどうしているのか聞いてみたら
「仕事忙しいし、ちゃんと生きてる。」とのこと

こんなにたくさん昆布をもらったし、息子殿の好きなちりめん山椒も入っている!

みそまるとマスクを送ろうと思って制作しているのですが、
昆布も一緒に送ろうと思いました。

やっぱり、心配。
いくつになっても。

ABOUTこの記事をかいた人

横山貴江

大阪府堺市在住 息子21歳×1 スタッド緑ヶ丘中町・浜寺サンタウン教室勤務 お母さん業界新聞南大阪版を発行しています