キティちゃんのケーキ

(今回は、ママに記事をお願いしてます)
「ママ、お誕生日にはキティちゃんのケーキ作ってねっ♡」

コロナ禍で、プレゼントは買いに行けない。

いつもはケーキ屋さんに頼り切っているが、娘を喜ばせようと、ケーキ作りに思い切って挑戦することにした。

前夜になって、バタバタとスーパーへ出向いたが、小麦粉も生クリームも1つもない!!

えっなんで?固まる私。。。コロナか〜!!!もっと早くくれば良かった!!と反省。

急いで遠くのスーパー2店舗ハシゴして、なんとか残っていた高級小麦粉と超高級生クリームを迷わず手に入れて一安心。。

帰り道、娘との約束を守るため、必死になっている自分が可笑しかった。私、お母さんしてるなあ。

娘の喜ぶ顔が見たくて。そんな母ゴコロを感じさせてもらえていることが嬉しかった。

こんなに子どものことで必死になってたっけ?人って変わるもんだなぁ。

そんなことを考えながら家に着いた。

ひとまず子供の寝かしつけから。

でも、こんな時こそ子どもは寝てくれない。早く寝てくれ〜スポンジ焼きたいんだよ〜と思いながらも、結局、一緒に寝落ちしてしまったようで、時すでに1時。ひえ〜〜〜。また失敗。。

頑張るぞ!と気合いを入れつつ、物音を立てないよう静かに、慣れないケーキ作りに奮闘しながらも、なんとかスポンジを焼き上げ、時計を見る気力もなく寝床についた。

翌日、デコレーションは長男にも手伝ってもらいながら、(そこで生クリームが足りなくなり、またまた買い出しに行くことになったのだが。。)やっとやっと完成〜〜〜!

一度教えればすぐできるようになる長男の器用さに感心した。

みんなで歌うハッピーバースデー♪大好きなキティちゃんのケーキを見て大喜びの娘。自分で手伝ったケーキは美味しかったようで、珍しくお代わりする長男。

ほんと、子どもの笑顔は疲れ吹っ飛ぶなぁ。

色々反省点もあったけど、以前長男が言ってくれた言葉「ママ、本当はね、失敗ってね、頑張ってるってことなんだよ!」を思い出し、こんなママでも許してもらおうと自分を励ました。

娘「もっと、もーっと大きくなったら、ママにミニーちゃんのケーキ作ってあげようか?一人で。」

10年後?15年後?いつかそんな日が来るまで。楽しみだな。いや、一人立ちしていく姿は寂しくも感じるのかな?いつも、子どもに「早く自分でできるようになってよ〜」と思ってしまってきた自分が、やっと、「してあげたい」母ゴコロを感じるようになった今を、まだまだ楽しんでいきたいなぁ。

ABOUTこの記事をかいた人

宮里武行

沖縄出身福岡県久留米市在住の三児のパパです 子育てにおいて、大切にしていることは「全力で向き合うこと」 全力で一緒に遊ぶと、全力の笑顔を見せてくれる その一瞬で、いろんな力が湧いてくるような気がしています そんなわたしですが、家庭で一番大事なのは妻の笑顔です よろしくお願いします