お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

花かんむり いつまで作れるかな

DSC_8146

毎日、午前中はどこかに散歩に出かけています。ここは、こどもと初めて来ました。こじんまりしているのに、砂場、すべり台、ブランコがあり反対側には、しろつめくさや花が咲く広場があり。

いつものように早めのお昼を食べてから遊ぶこどもたち。

そして、「かんむり作って!」も、しろつめくさがあると必ず息子からリクエストされます。娘も作って欲しそうなのですが、ここは、にいちゃんを立てて先に作ります。

息子は、花や実を拾ったり摘んだりするのが好き。女の子っぽいなあ、と思うけど。わたしが、花や実が好きで息子に教えていたから、好きになったのかな。

もう少ししたら、作ってなんて言わなくなるかもしれない。息子は、5才になったくらいから、反抗期が始まったようで、ちょっとしたことで、怒ったり泣いたり、わたしは、対応に悩んでいます。

家の中では、娘のイヤイヤ期と「やりたい。」で、ふたりのケンカが絶えず、怒ってばかりです。

外では、人の目があり、外の風と空気で私たちも外行きの顔をしているのでしょうか?なぜか、比較的穏やかにいられるのです。

ふたり分のかんむりつくるのは、時間がかかり不器用なわたしには大変ですが、今だけ、今だけ、と思って作ります。

    DSC_8149

しろつめくさの花畑にいるふたりを見ていたら、こんな風に、ふたりに花かんむりを作ってあげられるのは、いつまでだろう、と考えました。

つくるたび、うまく作れるようなり、つくるのは、わたしの楽しみでもあります。

今日は、娘にひとつだから、あっというまにつくれました。

DSC_8187

 

 

4件のコメント

トップの画像の写真、ヨーロッパを思わせるような素敵な写真ですね~
本当に、なんでか外だと子どもは穏やか。
私も家ではおこってばっかりで、、そんなときはお外に出たくなります。
子どもは自然だからかな~なんて思ったりしていますが。

我が家は上が中2、真ん中が小5、
もうなかなかついてきてくれなくなってきました。

今の時間、シロツメクサの思い出、たくさんたくさんつくってくださいね♪

池田さん、おはようございます。
こどもは、外が好きだから汚しても怒らないんだよ。と母親に、言われ外では小言を、あまり言わずにわたしものんびり過ごします。それがいいのかな。
中2と小5のお子さんがいらっしゃるんですね。
こどもが大きくなるのはあっというま、ともいろんな人から言われるから、しろつめくさの思い出たくさん作りたいです。

シロツメクサのかんむり、
子どもの頃よく作りましたが、
もうすっかり作り方忘れてしまいました・・・
ほんと、トップの画像とても素敵。
穏やかで豊かな時間がそのまま切り取られていますね♪

天野さん、ありがとうございます。
きれいに撮れたので、つい投稿してしまいました。
そのあとすぐこわれてしまい、息子は大泣き
直すに一苦労でした。
それも思い出になっていくのかな、と思います。

コメントを残す

ABOUT US
青島綾乃
MJプロ。6才男の子、3才女の子の母。 趣味は、料理。 子育ては、大変。今しかできない子どもとの生活を楽しみたいと思っています。