ダンボールハウス、叶わず!

日曜日。あ〜今日もすることがない!

 

ということでそんな日はダンボールハウス作りっしょ!

ってことで、ダンボールやら、発泡スチロールやらでお家作りスタート!

窓を書いたり…

なんか書いたり…

楽しそうな娘たち。

 

 

実況のなるみさん、母サイドいかがでしょうか

「こちら実況です。現在大変苦しい状況です。ダンボールが足りないとのこと。資源ゴミでこないだだしたのを忘れていたという痛恨のミス。母、無理無理!できない!と必死で審判に訴えています」

「おっと母に動きがありました。ダイニングテーブルを使うとのこと。屋根、柱部分は既製品に頼るとみていいでしょう。」

「『学校の美術は好きだけど、図工部分はまったくトンチンカンでした』と試合前気持ちをきかせてくれました。」

さあ試合の空気が一気に変わってここで形成逆転か?

おっとここでもメンタルがプリンの母、もう疲れている。スタミナ切れか?諦めている、完成を諦めているぞ。

対する娘はどうだ、、、一向にめげていない。むしろ楽しんでいる、変化に追いついている。あーっとこれは完全に娘側の圧勝だ。娘、ポジティブマインドで母の「全然うまくできん。」攻撃ももろともしないーーー!

ここで試合終了ーーー!

それでは試合後の母に聞いてみましょう。

「えー気持ちの良い試合だったと思います。一体敵はどこにいて、なんだったのかはわからないけど、娘が楽しいなら良しですね。」