お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

わたしもやりたいの!

DSC_3329

近くに梅の木があり、梅の実が落ちていると嬉しそうに拾う子どもたち。持ち主さんには、拾わせて もらってます。と報告する。「いいよ。ジャンジャン拾ってね!」と言われ大喜びの子どもたち。梅の香りをかいで癒されています。

去年、梅を買うのが遅くなって、少ししか作れなかった反省から、今年は早めに購入。

子どもたちが学校と幼稚園に行っている間にやるつもりが、「なりくち、とりたいから残して置いて!」と息子。

娘も、「やりたい。やりたい!」と言うので3人でやりました。防水シ-トと新聞紙をひいて防水。ふたりがとった梅は、私がもう一度確認。新聞紙や回りがびしょびしょになりましたが、達成感がありますね。娘も思ったより一生懸命にやってくれて嬉しくなりました。息子は「来年も一緒に作ろうね」との言うので約束。季節の料理を子どもと作り、食育になっているかな、と思います。

もう、1週間たち、梅酢がたくさん。梅酢がでてくると、これもいい香りです。私が梅を漬けた樽を開けると子どもたちが香りに誘われてきます。

手はかかるけれど、手づくり梅干しは、添加物なしでおいしいので、できあがりが楽しみです。

4件のコメント

いいご近所さんがいますね。
それにしても、写真が素晴らしい。
梅を見つめる真剣なまなざし。

梅たちが、かわいい二人に拾われて、生き返っている気がしました。

私の梅酢も、いい香りがしてきました。

季節を感じながら、子育てできる。

最高のお母さんですね、青島さんは。

コメントを残す

ABOUT US
青島綾乃
MJプロ。6才男の子、3才女の子の母。 趣味は、料理。 子育ては、大変。今しかできない子どもとの生活を楽しみたいと思っています。