生き物の飼育

去年育てていた、カブトムシの卵20個、幼虫から成虫になったのは、4匹。

いただいたり、外から飛んできたりで、オス8匹、メス5匹いたこともある。

近所のお友達に、ペアで譲ったり、逃げたりして、現在オス4匹とメス1匹。まだまだ、元気だ。

子ども達は、昆虫ゼリーをあげるのは、取り合いするが、湿らせたり、お世話はほとんど私の役目。

カナブンとハナムグリは、息子の希望で飼っているが、私はあまり興味なかった。カブトムシは大きくてカッコいいが、小さいし、飼ったことないし…。

カブトムシに今年も卵がたくさん生まれ、もう2~3齢幼虫になっている。

久しぶりに、ハナムグリのケースを開けたら、卵が94個もあり、ビックリ!幼虫もいて、ちょっと興味でてきた私。

ハナムグリと卵

生き物の飼育は、手間隙かかるけれど、子どもにとっても、よい経験になりそう。

私一人で、お世話する方が断然早く終わる。が、時間がかかっても、腐葉土交換や、生き物の観察は、子どもと一緒にやりたいと思う。

ABOUTこの記事をかいた人

青島綾乃

MJプロ。6才男の子、3才女の子の母。 趣味は、料理。 子育ては、大変。今しかできない子どもとの生活を楽しみたいと思っています。