頼りになる女の子

娘は、昆虫はだいたい触れます。

私と息子は、セミやカブトムシは触れるし大好きだけど、カマキリやスズムシは苦手。

飼っているカマキリやスズムシにエサをあげるとき、飼育ケースから逃げてスカートに付いたとき、私は「ギャー!」と大声をあげてしまいました。息子は、2階まで逃げていきました。

そんな時、頼りになるのは3才の娘。

落ちついて、「こっちだよ!」と言って素手で捕まえます。

だから、エサあげるときは、

「お願い、近くにいてね!」と二人で頼みます。

カマキリのカマに指をひっかかれても、「血が出ちゃった。」と言いながらカマキリはぎゅっ、と握ったまま。

DSC_6021

臆病な私と息子は、そんな娘を尊敬してます!

ABOUTこの記事をかいた人

青島綾乃

MJプロ。6才男の子、3才女の子の母。 趣味は、料理。 子育ては、大変。今しかできない子どもとの生活を楽しみたいと思っています。