お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

取材の裏話

DSC_5923

8月に「キウイフルーツカントリーJapan」へ取材へ行きました。東京ドーム3個分の広大な敷地に80種類、1000本のキウイ農園と森の中にアクティビティがあり、キウイの味覚体験ができます。

平野耕志社長に、農園の説明を受けました。敷地内の森の湧水を貯めて、キウイ農園に水やり。食べたキウイの皮は農園の肥料と、動物のエサにしているそうです。動物のフンは、農園の肥料に。無農薬の循環型農園と知りました。

息子は、「人気のキウイはどれですか?」「社長の好きなキウイはどれですか?」といくつか質問して、取材ノートに記入。

キウイ味覚体験では、2種類の食べ比べ。皮の近くに栄養がたくさんあると教わった息子と父親は、皮ごとパクパク。娘と私はスプーンで。ビタミンチャージしました。

次は、もうひとつのお楽しみ、「冒険の森」へ。息子は、先頭に立ってクモの巣よけの棒を持って歩きます。どんぐりや、大きなきのこを観察。木の葉の揺れる音が心地よい。ターザンロープは長さ20mあり、揺らすと自然の中につつまれたようです。私も、楽しみました。

DSC_5902

「オオクスのブランコ」は長さ4m。ブランコ好きの娘は、「もっと高くして!」と父親に繰り返し押してもらい、大喜び。

ヒツジやウマ、ウサギなど動物とも触れあえます。最初は、恐々見ているだけだった子どもたちが、父親と距離を少しずつ縮め、エサをあげたりヒツジの背中を撫でたりと仲良くなって行く様子は、微笑ましく思いました。

キウイ農園には、リンゴ型の「アップルキウイ」やブドウの房みたいな「グレープキウイ」など珍しい種類。また、ここにしかない「紅鮮」「ティアドロップ」「クラッキ-」などもあります。

キウイには、ビタミンC、食物繊維など栄養価も高く、疲労回復や美肌効果も。酸味があり、妊婦さんも食べやすいと人気です。

 

帰りに、社長いちおしのキウイスムージーを飲み、暑さで疲れた身体が元気になりました。キウイバーガーは、キウイ1個とアボカドなど入っていてさっぱりおいしかったです。カフェには、キウイソフトもあり、おすすめです。

たくさん遊び、たくさん食べて、大満足。帰りの車では、熟睡の子どもたち。旦那も、途中仮眠してから運転。お疲れ様でした。おかげさまで、良い取材ができて、良い写真が撮れました。

広大な敷地の為、密にならないで楽しめます。持ち込み可能なので、お弁当、水筒を持って1日のんびり過ごせる場所です。

キウイフルーツカントリーJapan

静岡県掛川市上内田2040

0537-22-6543

http://www.kiwicountry.jp

https://kiwicountry.jp/

平日9:00~16:00

木曜休み

土日祝9:00~16:30