お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

還暦祝い

昨日は母の誕生日、ということで久々に横浜へ行ってまいりました。

ついに母も還暦。

気がついたのですが、母も31歳の時に私を産んでおり、奥様も出産時には31歳。
いつか娘も似たような感慨を抱くのでしょうか。

 

と、本題に入る前に。

還暦と赤いちゃんちゃんことはよく聞くものの、それぞれの意味とかはよくよく理解していないことに気がついたのでググってきました。

還暦:
還暦とは、満60歳のことを指しています。十干と十二支を組み合わせた干支が一巡し、生まれた年の干支に戻ることです。文字通り、「暦(こよみ)が還(かえ)る」わけです。また「本卦還り(ほんけがえり)」とも呼ばれ、一種の生まれ直しであると意義づけられています。

→干支はよく言いますが、十干というのは馴染みがなく。調べたものの、あまりすんなり入ってこなかったです。

赤いちゃんちゃんこ:
赤には魔除けの意味があります。そのため、昔は産着に赤色が使われていました。また、ちゃんちゃんことは、子どもの袖なしの羽織のことです。先述した通り、還暦には生まれ直しという意味があります。この「赤ちゃんに戻る」ことから、赤色のちゃんちゃんこを贈るという慣習が生まれたようです。

→なるほど、産まれ直しで赤ちゃんに戻るという意味合いがあるのですね。

 

そんなわけで本題に戻るのですが、還暦を迎えた母はなんだか可愛らしかったです。

昔よく通ったお店でランチをしてプレゼントを渡すまでを流れとして想定していたのですが、「還暦だから赤いもので祝ってほしい」との要望でいちごパンケーキを食べることに。


大ボリュームにご満悦。

美味しかったですし、要求いただける分には祝う側も楽だし外さないしでありがたい限りです笑

にしても、パンケーキという随分可愛らしい要望には驚きました。

化粧をしない、男顔負けで仕事に生きる、ファッションは機能性重視、という母でありますので、こう女性らしい感覚とはあまりイメージが合致しなかったのですが(^◇^;)

 

ただ、それでハッとしたことがありました。

子供が産まれると女性は母になると、そういうものだと言われて、「そうなんだ」と受け止めておりましたが…

「母」である前に1人の「女性」なんですよね。

これから奥様もどんどん強くなっていくのでしょうが、その事実は私が1番忘れてはいけないところなんだろうな〜と。

 

ちなみに食事の後は、元町のミハマさんで奥様が靴をいただきました。母からのプレゼントです。

ちなみに同席していた祖父からは、ダイソーで35枚スタンプ集めるともらえる、テディベアのリュックサックを頂きました。

 

お祝いするつもりが、それ以上に頂いてしまいました。とっても素敵なアイテムが増えたので、娘が産まれて一緒に出かけるのが、より楽しみになりましたね。

そんな土曜日。

5件のコメント

伶旺さん、お母様のお誕生日おめでとうございます!母が居たから今の自分がいる、母が育ててくれたから今の自分がいる、そう思います。伶旺さんの投稿から、お二人のご関係がとても良好であることが伺い知れます。今までの親子の絆が強いんだろうと思いました。楽しいお誕生日のひと時、美味しそうな苺のパンケーキ、幸せのおすそ分けを頂きました。心がほっこりとなりました。皆様の笑顔もサイコ~!!

示し合わせた訳ではないのですが、母とも投稿が重なってましたね( ̄▽ ̄;)
そちらでもお祝いいただいたみたいで、ありがとうございます!!

そうでした!
青柳お母さまは還暦になられましたね。
生まれ直して赤ちゃんからスタートですか・・・ならば、私はちょうど10歳を迎えたことになります。
昨日、夫と二人で毎年恒例の焼肉を食べることにしていて、年々食べられなくなるからと思いながら青柳さんと同じ誕生日を思い出していましたよ。
もうケーキもありません。子どもたちからメールのやり取りの誕生日となっています。(笑)

10歳とはキリが良く!おめでとうございます㊗️
恒例の夫婦イベントというのも良いですね…
うちもいつまでちゃんと祝うやら笑

たくさんのおめでとう溢れる日々がうれしいですね!
私も失礼ながら、青柳さんをかわいいなぁとおもっている1人ですが、その中でもレオさんの話をするときの青柳さんがとても大好きですw
奥様のお腹があっという間に大きくなっていてびっくり!

コメントを残す