お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

役割分担をなくしたら・・・

誕生日に長男からプレゼントをいただきました。次男の分も含めたスウェットパーカー。

七月に飼い始めたフレンチブルドックのイラスト入りという洒落たプレゼント。

仲良く写真に納まって、長男に「ありがとう、いいわこれ」と感謝してふと思う。

 

シングルになり男子三人の暮らしが始まった時は不安でいっぱいだった。

仕事を終えて帰宅してからの家事は、正直しんどい。ほぼ毎日買い物に行き、夕飯を作って深夜に洗濯して、早起きして弁当を作って。

しんどいから家事分担。役割を3人で決めたけど、思うようにやってくれない。

やってくれないから怒る。注意したら喧嘩になる。怒るのも注意するのも心身の消耗が激しい。

分担をやめて全部自分でやることにした。

多少子供部屋が汚れてても死にゃーしないし、腹が減れば冷蔵庫のものを工夫して得体の知れないものを食べていた(笑)

時々、本当に時々、洗濯してくれてたりして「サンキュー」って言うと、「洗濯機がパンパンだったから」とボソッと話す。干し方はセンスなしだけど(笑)

役割分担をなくしたおかげで、息子たちに「ありがとう」を言う機会が増えました。

8件のコメント

暖かそうな素敵なパーカーのプレゼント、めちゃ嬉しいですね。おめでとうございます。

全部自分でやることにしたという事、これは分担したことで気付きがあったからですね。
うちの場合は、夫婦で基本家事を分担しているので、やらないときは、各自の家事を子どもに依頼する形です。
お願いしないと基本、誰もやらない。親がやる事だと思っているから。こないだ、私が久々のランチ会で満腹で、夕飯作りたくな〜いと叫んだ時のこと。リビングにひとりいた次女がそれを聞き、なら作らなきゃいいじゃんと言った。
腹立ったから、作らなきゃ他の家族はどうすんの?と言うと、お願いされたらやってあげてもいいけど〜と言った。カーッとなり、お願いなんてしない、作る!と私のへんなスイッチが入ったので、ブツブツ言いながら料理を始めた私。旦那に話したら、じゃあお願い!って言って作ってもらったらよかったじゃんと一言。それもそうだなと思った。でも、私は次女が自ら、じゃ、私が夕飯作るよと言って欲しかった。

わたしの性格って、損してんだろーなと思った出来事でした。

プレゼントはデザインも素敵で素直に嬉しかったんです。
田端家、木村家、〇〇家…色々なルールがあると思うし、そのルールで幸せだといいんですよね、きっと。
「ウチのルールって普通じゃないの?!」なんてテーマで、お母さま方の情報を知りたいですね笑

一人で家事全部して、お弁当まで作って。大尊敬です。私の父は、ザ九州男児で、家のこと子どものことは全部母任せ。私が母になり、父なりの苦労もあったとは思いますが、正直、家のこと子どものことを全部一人でやっていた母の方をより尊敬しています。
木村さんのお子さんも父になって、木村さんの凄さを再認識するのでしょうね。
そして、プレゼントをしてくれるなんて優しい方に育ってるんですね。幸せですね。
私も子ども達が自主的にお手伝いしてくれるまで、役割分担はやめておきます!ってまだ先の話ですが。

先週パパさんの集まりの中で、パパの家事は効率重視という意見がありました。仕事と同じで、一日にやることを並べ、優先順位を決めて時間通りに進めていく。
シングルなりたての頃は整理ができなくて追われている感じ。泣きたくなりましたし、八つ当たりもしました。
弁当を作っていた時も、冷食をとにかく品数多く詰め込んでいました。残されることが多くなって、頭にきて鮭のおにぎり二つにしたら「美味しかった」って感想が。
目から鱗でした。自分もたぶん、おにぎり二つのほうが嬉しい。
世のお母様方は、本当すごいです。かなわないと思うけど負けないよう頑張ります(^^♪

コメントを残す

ABOUT US
木村康広
男子二人の息子を持つシングルファーザー。長男は2022年1月に結婚独立、今は大学生の次男とワンコ(フレブル)一匹の3人で生活中。1966年生まれ、北海道函館市出身。