お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

お母さんは神々しいってこういうこと?

出産後、奥様と伶奈さんが映った写真をいろんな人に送り付けていたのですが、奥様の姿を見た感想が大きく二分されていました。

①すごい疲れた顔してるね!

主に男性の友人に多かった意見です。
確かに、うん、疲労感はありますね。というか、すっぴんだからってのはあるのでしょうか(;^ω^)

奥様からはすっぴんの写真を送ることについていつも怒られております。
でも個人的には奥様はすっぴんでもきれいだし、むしろすっぴんの方がいいんじゃないかと思っているのですが。

はい、女性の気持ちが分かっていないってやつですね。
「そういうことじゃないんだよ!」「そういうとこだぞ!」
耳タコです。

話はそれましたが、出産という人生の一大事をやり切ったことを労って、かけてくれている言葉なのでしょうね。

 

②神々しいね!きれいだね!

はい。本題はこちらです。
大半の女性や、お子さんをお持ちの方などからは「神々しい」という形容詞をつけていただけることが多いです。

正直な話をすると、私自身が出産直後の奥様の顔を見たときには、あまり「神々しい」という言葉は出てきませんでした。
それどころじゃなかったってのもあるのかもしれないんですけど…とりあえず、最初はピンと来ていなかったのは確かです。

 

それを実感しだしたのは、授乳をしている姿を見たとき。
我が子を見る瞳とか、柔らかい表情とか、うーん。なんかそういうのがですね、形容しにくいんですけど、「神々しい」とか「神秘的」っていう感じなんですよね。
もしかして、みんなこの形容詞に困る感じから出てくるチョイスなんでしょうか?笑

でも、綺麗なんですよね。言いようもなく。

伶奈さんが泣いていて、どうしようかーってなっていても、ママのおっぱいを見つけると、スッと泣き止むんですよね。おっぱい、偉大。

 

 

ちなみに、今日のパパはミルク作りとおむつ替えをミッションとして与えていただきました。
結構、上達した気がします。

あとは沐浴ですねー。これは家に帰ってきてからが本番です。いやぁ!楽しみだ!